ゆりや食堂

70年以上の歴史を誇るレトロな大衆食堂

ゆりや食堂

札幌で知る人ぞ知る老舗の食堂といえば、まず「ゆりや食堂」の名が上がります。
昭和21年(1946年)創業、いかにも昭和の食堂という外観・店内、そしてメニューの数々。すべてに “歴史” を感じる、何とも渋い店です。

渋い旧店舗(移転直前)

渋い旧店舗(移転直前)

場所は札幌中心部から少し離れた西19丁目。
ここはかつては市場があったり、その名残で飲食店や鮮魚店が軒を並べた地域でした。

その古い建物のまま、長らく営業を続けたゆりや食堂でしたが、老朽化やむなく2019年新店舗に移転しています。とはいえすぐ近所、同じ中通り並びの建物に、かつての雰囲気をなるべく残した店造りで営業を再開しています。

そのイメージは、まさに昭和中期に東京などで一般的だった “生蕎麦” や “蕎麦 うどん” の暖簾を掲げる店構え。一見そば屋かと思えば、店内にはラーメンや丼もの、洋食系や中華メニューなどもあるというかつての典型的な大衆食堂です(※)。

この店のメニューも「冷たいそば」「温かいそば」に始まり、「ラーメン」「ごはんもの」オムライスやチャーハン・カレーライスなど)「サイドメニュー」と並びます。

人気の「ラーメン」

人気の「ラーメン」

人気は「ラーメン」(500円、以下全て税込)。創業時(昭和21年)からあったかは不明ながら、札幌ラーメンの元祖といわれる「だるま軒」が昭和22年(1947年)、札幌味噌ラーメンの元祖とされる「味の三平」が昭和25年(1950年)の創業なので、ゆりや食堂も札幌のラーメンでは最古参の一軒といえるでしょう。

その「ラーメン」、鶏ガラベースの透明に近い薄色の醤油味に具はナルト・メンマ・チャーシュー・のりにネギという「支那そば」風のもの。さっぱりしたシンプルな味わいです。

これも懐かしい「オムライス」

これも懐かしい「オムライス」

ラーメンとともに人気なのは「カレーライス」(480円)と「オムライス」(650円)。
これらも昭和の食堂で食べられていたオーソドックススタイルで、見た目も味もレトロを感じさせてくれます。
嬉しいことにこれらは全て「小」メニューがあるので、ラーメンとセットにして注文するのが常連の定番になっています。

この店のやや淡白な接客は江戸下町の雰囲気につながるものもあり、料理においても「ラーメンとカレーライスの組み合わせ」などは、東京神田の名店「栄屋ミルクホール」(昭和20年創業の老舗食堂)を彷彿とさせます。
昭和ノスタルジックを感じさせるここ「ゆりや食堂」は、札幌に来たなら一度は訪れたい老舗の名物店といえるでしょう。

(※)ゆりや食堂のカテゴリーは店構えやメニュー(の数)的には「蕎麦・うどん」かもしれませんが、ラーメンが人気で、この記事でもラーメンをおすすめしているので、「ラーメン」のカテゴリーにて分類しています。

ゆりや食堂
70年以上の歴史を誇るレトロな大衆食堂

店データ

店名
ゆりや食堂
住所
札幌市中央区南1条西19丁目 ドレイジャータワービル 1F
電話番号
011-621-4911
営業時間
11:00〜18:00(土曜日は〜16:00)
定休日
日・祝日
アクセス
地下鉄東西線西18丁目駅 徒歩3分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • ラーメン:500円(小)400円(税込)
  • オムライス:650円(小)350円
  • カレーライス:480円(小)250円
  • もりそば:450円
  • 鍋焼きうどん:750円
  • 目玉(片目)ライス:230円(小)180円