175°DENO担担麺 本店

「痺れ」を追求する究極の担担麺

175°DENO担担麺 本店

※175°DENO担担麺では各店にてテイクアウトに対応しています。店舗によっては宅配も始めています(北口店など)。詳細は店舗ごとにご確認ください。

最近流行りの「担々麺」ですが、発祥は1800年代の中国四川省。天秤棒を意味する「担担」を担いで売り歩いたことにその名を由来します。
日本ではTV でも有名な陳建一さんの四川飯店(東京赤坂、創業者はその父陳健民氏)で、日本人の食に合わせた料理として考案された「担々麺」がそのはしりとされています。

この看板が目印

この看板が目印

そんな担々麺ですが、札幌を代表する店といえば「175°DENO担担麺」ということになるでしょう。変わった店名ですが、「ひゃくななじゅうごどでのたんたんめん」と読みます。
「担々麺を徹底的にこだわって作ってみたい」そう考えた現店主(出野氏)が、全国の有名店をはじめ本場中国の四川省成都まで食べ歩き、その後の修行を経てオープンした店です。

特徴は「本場の味に日本のラーメン技術を融合させたオリジナリティ」にありますが、それでも店名と料理名は、その発祥の由来に従い(担々ではなく)「担担麺」にこだわっています。
「175°」は特製のラー油を煮込む時の温度とか。それに名前のDENO(出野)を組み合わせて「175°DENO担担麺」という、ユニークな店名にしたそうです。

今回ご紹介する「本店」は地下鉄大通駅の1番出口(西端の出口)から、歩いて2分ほどの場所にあります。ビルの看板が目印ですが、店は1階の奥で少し分かりにくいかもしれません。
しかし昼時には「看板がわり」といえるほどの行列ができているので、すぐに見つかるでしょう。

基本のメニューは「汁なし」か「汁あり」。さらに「シビれない」「シビれる」「すごくシビれる」と、券売機にわかりやすく表示されていますので、この6種類の組み合わせから決めましょう。

人気の「汁なし担担麺」

人気の「汁なし担担麺」

人気は「汁なし」の「シビれる」(850円、以下全て税込)。
担担麺はその発祥のスタイル(天秤を担ぐ)から「汁なし」が主流だったとされ、この店でもおすすめの組み合わせになっているので、迷ったらこれ!です。
その他、「痺れや辛さの増し」や「肉増し」「花椒」「パクチー」や「温泉玉子」などのトッピングがあります。

店主自ら本場四川省成都の山奥まで行って買い付けてきた「四川花椒」を使い、道産鷄のガラスープに自家製のラー油、秘伝のゴマだれ、具材として炒醤肉(ひき肉炒め)・カシューナッツ・蝦米(干しエビ)などが組み合わされます。

そうして出来上がるこの店の担担麺は香り・痺れ・辛さなど全てが本格的ながら、トッピングなどにはオリジナリティを感じさせるものです。

「汁あり」もおすすめ

「汁あり」もおすすめ

「汁あり」(900円)も、じっくり旨みを抽出した鶏ガラスープをベースにゴマの香りが立ち上る「汁」が自慢で、北海道産小麦粉100%の特製麺に花椒の痺れとともに絡む人気の一品。
最後には「ごはん」(150円、小100円)をスープに追加する「追い飯」もおすすめの食べ方です。

平成25年(2013年)札幌で開店するや行列のできる店となり、今や札幌市内に5店、札幌近郊の江別市に1軒、東京にも進出して4軒、新潟の燕三条と福島を合わせて計12店を展開するという人気ぶりです。

札幌駅近くには「駅前通店」や「札幌北口店」もあるので、都合に合わせてのご利用をおすすめします。

駅前で便利な札幌北口店

駅前で便利な札幌北口店

特に札幌北口店はJR札幌駅北口を出て目の前という便利な場所で日曜日も営業、さらに開店が10:30からなので、旅行や出張で札幌駅を使う時に便利な店舗です。

175°DENO担担麺 本店
「痺れ」を追求する究極の担担麺

店データ

店名
175°DENO担担麺 本店 ホームページ
住所
札幌市中央区南1条西6丁目20 KYビル 1F
電話番号
011-596-8175
営業時間
11:30〜15:00、17:30〜21:00、(土・祝日は〜16:00)
定休日
日曜日(臨時休業中)
アクセス
地下鉄大通駅1番出口 徒歩2分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • 汁なし担担麺(シビれる):850円(税込)
  • 汁あり担担麺(シビれる):900円
  • ごはん:150円(小100円)

詳しくはこちら