だるま軒

創業70余年札幌ラーメンの元祖

だるま軒

札幌のグルメといえば「ラーメン」を思い浮かべる方も多いように、北の街札幌には熱々のラーメンがよく似合います。
そんな札幌に数あるラーメン店の中から、今回は “元祖” をご紹介しましょう。

二条市場の一角にあります

二条市場の一角にあります

その店は、札幌の観光名所のひとつ二条市場に店を構える「だるま軒」
「聞いたことない」という方がいるかもしれません。でも「西山ラーメン」といえば、今度は「知っている」という方も多くなるでしょう。
実はこの店、札幌ラーメンの “顔” ともいえる「西山ラーメン」で知られる西山製麺の源流となる店なのです。

戦後間もなくの昭和22年頃、札幌の薄野には何軒かのラーメン屋台が営業を始め、これらが今に続く札幌ラーメンの発祥となりました。
その中の一軒が「だるま軒」で、昭和24年(1949年)には二条市場の一角に店を構えています。

創業者の西山仙治氏は麺作りの名人として知られ、だるま軒の高品質な麺は他のラーメン店でも使われるようになっていきます。
その後、従兄弟の西山孝之氏も店に入り製麺部門を拡充、昭和28年(1953年)には「西山製麺所(現在の西山製麺)」として独立します。

以来、札幌では西山の麺を多くのラーメン店が採用し、「札幌ラーメン=西山ラーメン」とまで言われるほどにまでなりました。
そして今なお「だるま軒」は営業を続け、元祖として昔ながらの札幌ラーメンを作っています

元祖「醤油ラーメン」

元祖「醤油ラーメン」

赤い暖簾には「本物札幌ラーメンの元祖」とあり、長年札幌のラーメンを守り続けている自信が窺えます。

店に貼ってあるメニュー表の一番上には「醤油ラーメン」(700円、以下全て税込)があります。
それもそのはず、札幌ラーメンは醤油味から始まっており、これこそが「元祖の札幌ラーメン」なのです。
今でこそ人気の味噌ラーメンですが、だるま軒開店から数年後の昭和29年(1954年)に「味の三平」のメニューに載ったのが最初とされています(もちろんこの味噌ラーメンも西山の麺を使っていました)。

醤油ラーメンは昔懐かしい支那そば風で、口当たりの柔らかい縮れ麺に澄んだスープ、具はチャーシュー、メンマにネギ、海苔に薄い伊達巻が乗っています。

おすすめは「定番セット」(950円)。「醤油ラーメンとミニカレーライス」のセットです。
面白いのは「逆セット」(950円)というメニューもあって、こちらは「ミニ醤油ラーメン+カレーライス」、つまり逆になるわけです。

セットの「ミニカレーライス」

セットの「ミニカレーライス」

セットの「カレーライス」は単品(700円)としても人気のメニューで、ラーメンのスープを使ったこの店ならではのカレーです。
この(定番・逆)「セット」は醤油ラーメン だけの組み合わせ。この辺にも元祖としてのこだわりが感じられます。

もちろん「みそラーメン」も、炒めたもやし入りのオーソドックスな一品で、こちらも一食の価値ありです。

市場の通路側からも入れます

市場の通路側からも入れます

札幌の観光で「二条市場」を訪れたなら、ここ「だるま軒」で元祖の札幌ラーメンを味わってみてはいかがでしょうか。

だるま軒
創業70余年札幌ラーメンの元祖

店データ

店名
だるま軒 ホームページ
住所
札幌市中央区南3条東1丁目 新二条市場内
電話番号
011-251-8224
営業時間
11:00〜17:00(売切れ終了)
定休日
木曜日
アクセス
地下鉄大通駅 徒歩8分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • 醤油ラーメン:700円(税込)
  • 塩ラーメン:700円
  • みそラーメン:750円
  • カレーライス:700円
  • 定番セット(醤油ラーメン+ミニカレー):950円
  • 逆セット(ミニ醤油ラーメン+カレーライス):950円