らーめん庵

「村中系」を受け継ぎ進化するラーメン

らーめん庵

札幌ラーメンの王道とされる流れに「村中系」があります。
札幌ラーメンの知名度を大きく上げた「純連(じゅんれん)」「すみれ」、その源流となった初代「純連(すみれ)」は全て創業者の村中明子さんとその家族が経営しており、その名に因んで純連やすみれで修行して独立した店を総称して呼ばれるようになったものです(「純すみ系」ともされます)。

今回ご紹介する「らーめん庵(いおり)」もその一軒。
ご主人は「すみれ」での修行を経てこの店を開店、伝統をしっかり引き継ぎながら、進化を求めて新たな工夫を取り入れています。

定番の「味噌ラーメン」

定番の「味噌ラーメン」

その「味噌ラーメン」(830円、以下全て税込)は中太の縮れ麺にラードの浮いたコクのある味噌スープ、炒めたモヤシに挽肉、角切りと一枚切りのチャーシュー、そしてメンマにネギ。
なるほど「すみれ」と似た “顔” をしています。

特徴的なのは、炙った一枚切りのチャーシューの上に「おろし生姜」が乗っていること。
札幌で人気の「彩未」や「空」などと同じスタイルで、味噌に味わいを加え体も温めてくれます。頃合いを見てスープに溶いてみれば、そのコクにキレ味が加わります。

チャーシューの上には「おろし生姜」

チャーシューの上には「おろし生姜」

ネギは食感と香りを重視し京都直送の「九条葱」を採用、麺も数年前から自家製麺に変えるなどオリジナリティを追求しています。
定番の味噌ラーメンに加えて、純連でも人気の「辛味噌ラーメン」(880円)が食べられます。一度食べたら、その刺激にクセになってしまうと評判です。

このように「村中・純すみ系」の伝統を受け継ぎながら進化を遂げ、「庵」独自のラーメンを作り上げたことが現在の人気を築き上げたといえるでしょう。
店は地下鉄東西線西18丁目駅から徒歩で7〜8分と、決してアクセスの良い場所ではありませんが、近くに行った時には「村中系」のラーメンが食べられるこの店を思い出してください。

らーめん庵
「村中系」を受け継ぎ進化するラーメン

店データ

店名
らーめん庵
住所
札幌市中央区南4条西16丁目2-20
電話番号
011-512-5160
営業時間
11:00〜15:30、17:00〜20:00
定休日
月曜日
アクセス
地下鉄東西線西18丁目駅 徒歩7分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • 味噌ラーメン:830円(税込)
  • 辛味噌ラーメン:880円
  • 正油ラーメン:830円
  • 塩ラーメン:830円
  • 昔風正油ラーメン:830円
  • 昔風塩ラーメン:830円