札幌ラーメン 直伝屋

ラーメンコンシェルジュがプロデュース

札幌ラーメン 直伝屋

「札幌ラーメン 直伝屋(じきでんや)」、その店名は「札幌の味を直接伝え、広げたい」というオーナーの思いから名付けられました。
オーナーは札幌ラーメンコンシェルジュとして活躍、メディアでの登場も多い大石敬(たかし)氏。そのラーメンのプロが、伝統的なスタイルを大切にしつつ新しさも取り入れた札幌ラーメンを提供しようと開店した店なのです。

人気の商業施設「マルヤマクラス」

人気の商業施設「マルヤマクラス」

平成26年(2015年)札幌すすきのにオープン、その後(2019年4月)現在のマルヤマクラス3階レストランフロアに移転しています。

この店では、「札幌ラーメンの伝統」に徹底してこだわります。
その1は、“調理時に立ち上る炎!”。
これぞ札幌ラーメンの伝統技法といえるもので、中華鍋で野菜を煽り札幌ラーメン独特の香ばしさを加えます。
カウンターやテーブル席からその調理風景(炎)を眺められるようにしたのも、店造りでのこだわりでしょう。

イチ押しの「札幌味噌ラーメン」

イチ押しの「札幌味噌ラーメン」

伝統の2番目は「味噌」。
札幌の味噌ラーメンは“コクがありながらも口当たりはアッサリ”が特徴。複数の味噌をブレンドすることでそれを実現、出汁をしっかり取ったスープの味を引き立てます。

こだわりの3つめは「」。
札幌の定番である“黄色い縮れ麺”を老舗製麺会社「さがみ屋」に特注、プリプリの食感を実現しています。

これらの「伝統」によって作られる「札幌味噌ラーメン」(850円税込)が人気No.1で、メニューでもオススメの一杯となっています。

そして、こちらも注目なのが「札幌REDシリーズ」
自家製ラー油を使い、この店の特徴である旨味と香ばしさに辛さのアクセントも楽しめます。辛さのよく合う「味噌」はもちろん、特に「RED醤油」(950円)は他で見かけないオリジナリティ溢れるラーメンです。

この「伝統と新しさの融合」がこの店の特徴でもあります。

復活した「半チャーハン」

復活した「半チャーハン」

最近復活した「半チャーハン」(350円)はすすきの時代の人気メニュー。
マルヤマクラスに移転後しばらくお休みでしたが、最近メニューに再登場しました。
ややしっとり系なのは、スープの出汁を活かしているからでしょうか。油も塩もしっかり効かせた味付けが、ラーメンと良いバランスです。

「マルヤマクラス」3階レストランフロアにあります

「マルヤマクラス」3階レストランフロアにあります

札幌ラーメンコンシェルジュがプロデュースした「札幌ラーメン 直伝屋」は、人気の商業施設「マルヤマクラス」のレストランフロアにあるので、雨も雪も関係なくそのおいしいラーメンに到達することができます。これもこの店の魅力といえるでしょう。

札幌ラーメン 直伝屋
ラーメンコンシェルジュがプロデュース

その他の写真

店データ

店名
札幌ラーメン 直伝屋 ホームページ
住所
札幌市中央区南1条西27丁目1-1 マルヤマクラス 3F
電話番号
011-211-1792
営業時間
11:00〜16:00、17:00〜20:30
定休日
無休(当面)
アクセス
地下鉄東西線円山公園駅 徒歩1分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • 札幌味噌ラーメン:850円(税込)
  • 札幌醤油ラーメン:850円
  • 札幌RED味噌:950円
  • 札幌RED醤油:950円
  • あっさり塩ラーメン:780円
  • 半チャーハン:350円

詳しくはこちら