ラーメン 信月

すすきので“締め”のラーメンならここ

ラーメン 信月

札幌といえば「ラーメン」、それも飲んだ後のラーメンは大人気。特にすすきのにはそんなニーズに合わせて、深夜まで営業しているラーメン店が数多くあります。
その中で “締めのラーメンならここ!” と、ご紹介したい店が「ラーメン 信月(しんげつ)」です。

場所はすすきの駅からすぐ近く、銀座通り“「元祖ラーメン横丁」の隣” と言えばわかりやすいでしょう。ただし路面店ではなく、ビルの中に入ったところなのでご注意ください(寿司店と居酒屋の間が入口)」。

カウンターだけの店内

カウンターだけの店内

開店は昼の12時。それから延々と翌朝の5時まで営業している、まさにすすきの客のためのラーメン店といえます。店内はカウンターのみの10席なので、店の前に行列ができることもしばしば。それもそのはず、「ラーメン 信月」はミシュランガイド北海道2017で “ビブグルマン”を獲得しているほどの高い評価を受けている店なのです。

人気の「しょうがラーメン(しお)」

人気の「しょうがラーメン(しお)」

そんな名店を “締めのラーメン” としておすすめする理由は、「しおラーメン」(730円、以下全て税込)がお酒を飲んだ後にぴったりだから。あっさりしながら適度な脂と旨味たっぷりのラーメンが、気分をリフレッシュしてくれます。
オーソドックスなチャーシューに、シンプルな味付けのメンマ、黄色っぽい縮れ麺。さらに色鮮やかなナルトとスープの浸み込むお麩が乗る、北海道でよく見かけるラーメンです。

もちろん、「正油」(730円)や「みそ」(780円)も良い出来で捨てがたいところですが、こと “締め” となれば「しお」がイチ押し!になります。
ラードの膜が張ったこってりスープが多い札幌のラーメンは “別腹とはいえ厳しい” というファンも多いようです。

メニュー

メニュー

さらにおろし生姜が乗った「しょうがラーメン」。しお(850円)正油・みそ(各890円)それぞれの味がある中で、一番人気はやっぱり「しお」
定番のラードではなく、生姜効果で体がポカポカに温まる、これも北の街札幌ならではのラーメンといえるでしょう。

小腹が空いてるなら、「ミニチャーシュー丼セット」(しお・正油1,060円、みそ1,100円)や「ミニチャーハンセット」(しお・正油1,060円、みそ1,100円)もおすすめ。

隣のラーメン横丁は観光客でいっぱいですが、ここ信月は(特に遅い時間に)地元のサラリーマンで賑わいます。まさに、すすきのの “締め” を象徴する光景です。

ラーメン 信月
すすきので“締め”のラーメンならここ

店データ

店名
ラーメン 信月
住所
札幌市中央区南5条西3丁目 Nグランデビル 1F
電話番号
011-533-4844
営業時間
12:00〜翌5:00
定休日
日曜日(祝日なら営業、月曜休)
アクセス
地下鉄南北線すすきの駅 徒歩2分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • しおラーメン:730円(税込)
  • 正油ラーメン:730円
  • みそラーメン:780円
  • しょうがラーメン:しお・正油850円、みそ890円
  • ミニチャーシュー丼セット:しお・正油1,060円、みそ1,100円
  • ミニチャーハンセット:しお・正油1,060円、みそ1,100円