らーめん 鴇の家

秘密は名古屋コーチンとモンゴルの塩

らーめん 鴇の家

すすきの近辺には “締めラー” そう、締めのラーメンが食べられるように深夜まで営業している店が多くあります。
今回ご紹介する「らーめん 鴇の家(ときのいえ)」もその一軒です。
すすきの中心からは少し中島公園方面に向かった札幌駅前通り沿いという分かりやすい場所にあって、入口上のラーメン丼に乗ったニワトリが目印になるでしょう。

これが目印

これが目印

札幌のラーメンといえば「味噌」が有名ですが、この店は「塩」が売り
「しおラーメン」(800円税込)はメニューにも “おすすめの一杯(recommendation)”とあるほど自信作のようです。

その味の秘密は名古屋コーチンとモンゴルの自然塩の組み合わせ。
名古屋コーチンは言わずもがなの高級食材ですが、その鶏ガラをじっくり煮込むことでコラーゲンたっぷりのスープに仕上げています。
塩は中国モンゴル自治区の吉蘭泰(ジランタイ)にあるジランタイ塩湖で産出された自然塩で、鶏出汁のスープに旨みを加えその味をさらに引き立てます。

店もイチ押し「しおラーメン」

店もイチ押し「しおラーメン」

そうして作られた「しおラーメン」は(しっかり煮込まれるため)やや濁りや脂のある見た目ですが、トロみとともに深い “コク” をも感じさせる味です。
麺はそのコクに合うようにでしょうか、札幌ラーメンらしい黄色っぽい縮れ麺。具は2枚の柔らかいチャーシューにメンマ・ネギ、そして札幌定番の赤色ナルトというシンプルな構成になっています。

札幌っぽい「縮れ麺」

札幌っぽい「縮れ麺」

この店自慢のスープで作る「みそ・しょうゆ」ラーメンも独特の味わい(鶏ベースならではの軽さ)があって、濃厚な味噌や醤油ラーメンが苦手という方向きかもしれません。

トッピングできる「エビワンタン」

トッピングできる「エビワンタン」

そのほか「エビワンタンメン」(1,000円)も人気の一品で、塩味のスープに海老の旨味たっぷりのワンタンが好相性です。ワンタンは他の味(みそ・しょうゆ)にも200円で追加ができます。

サイドメニューの「おつまみギョーザ」は6個入りで350円と高コスパ。生ビール(中500円)のおつまみにして、ラーメンの出来上がりを待つのもよいでしょう。

生ビールには「おつまみギョーザ」

生ビールには「おつまみギョーザ」

塩ラーメンとしては少しコッテリした食べ応え、味噌・醤油ラーメンはややあっさり目という「鴇の家」のラーメン。
「普通の塩ラーメンはあっさり過ぎる」あるいは「締めに濃厚な味噌や醤油は厳しい」
そんな方の “締めラー” におすすめです。

営業は深夜の3時までですが、当面営業時間ついては公式Twitterでのご確認をおすすめします。

らーめん 鴇の家
秘密は名古屋コーチンとモンゴルの塩

その他の写真

店データ

店名
らーめん 鴇の家 Webサイト
住所
札幌市中央区南8条西4丁目422-5
電話番号
011-530-0788
営業時間
11:30〜翌3:00
定休日
日曜・祝日
アクセス
地下鉄南北線すすきの駅 徒歩5分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • しおラーメン:800円(税込)
  • しょうゆラーメン:800円
  • みそラーメン:850円
  • 辛みそラーメン:850円
  • エビワンタンメン:1,000円
  • おつまみ肉ギョーザ:350円

詳しくはこちら