朱月菴

すすきのゼロ番地で深夜まで営業の蕎麦居酒屋

朱月菴

ここでご紹介する「朱月菴(あかつきあん)」は、すすきののディープスポットともいえる「すすきのゼロ番地」にあります。
すすきのゼロ番地とは、南6条西4丁目にある「すすきのアパート」という公営住宅の地下一階にある飲食店街のことです。

1階の「すすきの市場」

1階の「すすきの市場」

1階には「すすきの市場」があり、近くの飲食店向けに鮮魚や野菜を販売する店が入っています。
すすきのゼロ番地は、北海道初の地下飲食街で「すすきの発祥の地」ともいわれています。

その中の一軒である「朱月菴」はゼロ番地らしく、夜から深夜にかけて営業する蕎麦店
開店は19時ですが、予約はできません。ゼロ番地へ下りて扉を開けて覗いてみるのが、この店のお決まりです。

目印のマット

目印のマット

その入口も看板が無いので一見どこなのかわかりませんが、よく見ると小さな小窓にコップに入れたショップカードが置いてあります。

これも目印のショップカード

これも目印のショップカード

店内はカウンター8席だけのオープンキッチン、という造りです。
最初に知っておく必要があるのは、この店はいわゆる「そば屋」ではないということ。

深夜まで営業しているからといっても、「締めのそばだけ」というのは遠慮して欲しいとのこと。
「蕎麦前」を楽しみ、その締めを蕎麦で、という「蕎麦居酒屋」です。

お酒はビールに日本酒が定番酒で3種類、「田从(たびと)」「東北泉」「酔右衛門」が用意されます。
その日によって「旦那の隠し酒」としてメニューにないお酒もあります。

まずは「お通し」で一杯

まずは「お通し」で一杯

お酒を頼むと「お通し」が出てきますが、これが一品料理として通用するものばかり。
手作りの小鉢に「ひじき煮」や「ポテトサラダ」など、何が出てくるのか毎回楽しみです。

さらに「板わさ」「そば味噌」「のり」など、これまた定番のつまみがそろいます。

おつまみに最適な「のり」

おつまみに最適な「のり」

特に「のり」は焙炉(焼き海苔箱)に入った江戸前風炙られた梅干しが添えられた、おつまみに最適の一品です。

名物ともいえる人気メニューが「スジコン」
牛スジとこんにゃくの煮込みですが、何ともいえない旨みの出た味がお酒によく合います。

名物の「スジコン」

名物の「スジコン」

その他も種類は絞られていますが、どれを取ってもクオリティの高いものばかり。

締めにおすすめの蕎麦(「せいろ」)は、札幌市内でも間違いなくトップクラス
香り高く、喉ごしの良いそばをキリッと辛めのつゆでいただきます。
口の中で旨みが広がり、スッと喉の奥に消えていくようです。

自慢の「せいろ」

自慢の「せいろ」

なお、メニューには値段の表記はありません。2〜3品のおつまみでお酒を飲んで、そばで締めて3千円台くらいが一応の目安です。

出張で接待や宴会が終わって、ホテルに戻る前のひとときを過ごす。
そんな時に知っておきたい、常連になれれば嬉しい「大人の隠れ家」的な一軒といえるでしょう。

朱月菴
すすきのゼロ番地で深夜まで営業の蕎麦居酒屋

店データ

店名
そばびより 朱月菴
住所
札幌市中央区南6条西4丁目 すすきのゼロ番地 B1F
電話番号
011-562-8081
営業時間
19:00〜翌1:30(L.O.)
定休日
日・祝・第一月曜日
アクセス
地下鉄南北線すすきの駅 徒歩5分
予算
3〜4,000円

おすすめメニュー

  • 板わさ:以下全て値段表記なし
  • そば味噌
  • のり
  • だし巻きたまご
  • スジコン
  • せいろ(冷たいそば)