一水庵

札幌市電に揺られて蕎麦グルメ

一水庵

今回ご紹介する蕎麦店「一水庵(いっすいあん)」は近くにJRや地下鉄の駅がないという場所ながら、昼時には待ち客が出るほどの人気店です。

待ち列ができる人気店です

待ち列ができる人気店です

理由の一つが、札幌の蕎麦部門で現在4軒のみのミシュラン “ビブグルマン” 獲得店であること。
その高評価は、もちろん「そば」の味にあります。この店では3種類の蕎麦粉を使ってそばを打っています。蕎麦粉を2種類使う店は見かけることもありますが、3種類というのはかなり珍しいといえるでしょう。

香り・のど越しよい「並み粉せいろ」

香り・のど越しよい「並み粉せいろ」

まずは、「並み粉せいろ」(820円税込)。一般に「もり」とか「せいろ」として出される蕎麦の香りとのど越しのバランスが良いものです。
そして「粗挽き田舎」(850円)は、蕎麦の甘皮まで挽き込んだ粉で打った色の濃いそば。
さらに、蕎麦の実の芯の部分だけを使う白く上品な「御前更科」(930円)、という3種類です。
並み粉と更科は「二八」(つなぎ2:蕎麦粉8)、田舎蕎麦は「外一」(つなぎ1:蕎麦粉10)という仕立です。

白く上品な「御膳更科」

白く上品な「御膳更科」

つゆはひと月以上寝かせた「かえし」に、厚削りの鰹節から取った一番出汁を合わせたもの。
(冷たい)そばはキリッと締まった冷やし具合で、のど越しの良さを辛口のつゆが引き立てます。
一方温かい蕎麦のつゆはほど良い甘さで、まろやかな口当たりが印象的です。

「つゆ」はキリッと辛口

「つゆ」はキリッと辛口

種物では「天せいろ」(1,580円)がおすすめ。天ぷらは、天然にこだわった海老に季節の野菜という組み合わせで、コスパの良さが際立ちます。その他、浅草海苔を散らした冷やしたぬき風の「冷やし浅草」(1,100円)や納豆と6種類の味が楽しめる「巣ごもり」(1,200円)はこの店のオリジナルメニューとして人気です。

高級感のある「天ぷら」

高級感のある「天ぷら」

昼だけの営業ながら地酒なども用意されているので、「一水庵の玉子焼」(810円、数量限定)や「蕎麦味噌」(500円)などをつまみに “昼飲み” を楽しむこともできます。

札幌市電の停留所はすぐ近く

札幌市電の停留所はすぐ近く

近くにはJRや地下鉄の駅がないので、札幌市電でのアクセスがおすすめ(西線9条旭山公園停留所 徒歩1分)。道中、市電に揺られながらの市内見物も楽しいものです。

一水庵
札幌市電に揺られて蕎麦グルメ

その他の写真

店データ

店名
一水庵
住所
札幌市中央区南9条西15丁目1-36
電話番号
011-532-7151
営業時間
11:30〜15:00(売り切れ終了)
定休日
火曜日・第1・3月曜日
アクセス
札幌市電 西線9条旭山公園駅 徒歩1分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • 並み粉せいろ:820円(税込)
  • 粗挽き田舎:850円
  • 御前更科:930円
  • 天せいろ:1,580円
  • 鴨せいろ:1,730円
  • 鴨南蛮:1,730円