ザンギうどん 一久 本店

うどんとザンギがベストマッチ!

ザンギうどん 一久 本店

札幌で「うどん」と聞いてもピンと来ないかもしれません。それだけ札幌でうどんはマイナーな食べ物に位置付けられるのでしょう。
事実、うどんの専門店も同じ麺類のラーメンや蕎麦に比べて少ない軒数しかありません。

しかし忘れてならないのは、北海道がうどんの主原料である小麦粉の国内最大産地であること。さらに各種の食材良質の水にも恵まれています。
札幌にはそんな環境を活かしてうどん作りをする店が少なからずあるのです。
今回ご紹介する「ザンギうどん 一久」もその一軒です。

さっぽろテレビ塔地下飲食街にあります

さっぽろテレビ塔地下飲食街にあります

開店時は東区の東苗穂という札幌中心部からは少し離れた場所にありましたが、その後狸小路の1丁目に移転、そしてさっぽろテレビ塔の地下に出した2号店は現在「本店」となっています(今回はこちらの店舗のご紹介です)。

かつては店名にも謳っていたようにそのベースは「讃岐うどん」ですが、北海道産の小麦粉を使い、出汁には日高産の昆布、さらに北海道の水にもこだわって作る「北海道のうどん」でもあります。

「ザンギ」がこの店の看板です

「ザンギ」がこの店の看板(写真は「おやこうどん」)

現在のメニューは讃岐らしい「ぶっかけ」が基本で、店の看板は店名どおりの「ザンギ」です。
ザンギといえばご存知のように北海道のご当地グルメでもあります。これをうどんに盛った「ザンギうどん」(980円、以下全て税込)の各種が名物になっています。

黄身がとろ〜りの「たまご天」

黄身がとろ〜りの「半熟たまご天」

この店のザンギは鶏モモ肉を手切りで仕込むため食感が豊かで、手もみによる味付けもしっかり感じられるもの。これを揚げたての熱々状態でうどんに乗せてくれます。
ここに「半熟たまご天」をプラスしたその名も「おやこうどん」(980円)。
半熟に揚げた玉子の天ぷらを割ると黄身が “とろ〜り” となる様は見た目にも映えて、店によれば「一番人気」とのことです(券売機に表示)。

長さ15センチという「ちくわ天」

長さ15センチという「ちくわ天」

そして「ちくわ天」もこの店の名物で、全長15センチという大きなちくわをこれも揚げたてで出してくれます。ザンギと組み合わせた「ちくザンうどん」(980円)は「おやこうどん」と並ぶ人気で、さらに大阪地区の讃岐うどん店では定番となっている「ちく玉うどん」(880円)も含めて、この店を代表する「トップ3」メニューとなっています。

「トップ3」を盛り合わせました

「トップ3」を盛り合わせました

そのほか「坦々うどん」(780円)もあり、(うどん店ながら)辣油や芝麻醤も自家製という店のこだわりが込められたうどんで、こちらもトップ3に食い込むほどの人気とのことです。

注文は券売機方式になっています。
着席して店員さん食券を渡すとき、うどんとつゆ(出汁)の組み合わせ(温・冷)を聞かれます。
讃岐うどんではお馴染みですが、
「あつあつ」うどんもつゆも温かい
「ひやひや」うどんもつゆも冷たい
「ひやあつ」冷たいうどんと温かいつゆ
この3つの組み合わせから選べます。

「温・冷」それぞれの特徴が楽しめます

「温・冷」それぞれの特徴が楽しめます

特徴的なのは「ひやあつ」で、冷たいうどんは(エッジの効いた)コシがしっかり感じられるので、冬などでもこの組み合わせを選ぶお客さんが多いようです。
一方、少し柔らかな(ツルンとした)口当たりがお望みなら温かいうどんがおすすめです。

「ザンギうどん 一久」は道産小麦にこだわり、北海道名物のザンギや讃岐うどんらしい「ぶっかけ」にちくわ天・たまご天などを組み合わせた特徴あるうどん店です。
札幌でうどんを食べるなら、こんなお店はいかがでしょう? この店ならではの食べ応えたっぷりで満足感十分のうどんが食べられますよ。

ザンギうどん 一久 本店
うどんとザンギがベストマッチ!

その他の写真

店データ

店名
ザンギうどん 一久 本店 Webサイト
住所
札幌市中央区大通西1丁目 さっぽろテレビ塔地下
電話番号
011-222-8819
営業時間
11:00〜19:00(麺切れ早仕舞いあり)
定休日
不定休(テレビ塔に準じる)
アクセス
地下鉄大通駅 直結
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • おやこうどん:980円(税込)
  • ちくザンうどん:980円
  • ちく玉うどん:880円
  • ザンギうどん:980円
  • ザンギ坦々うどん:980円
  • 坦々うどん:780円

詳しくはこちら