2代目 辰よし

琴似でコスパ抜群の立ち食い寿司

2代目 辰よし

「お寿司は食べたいけど値段がなぁ」と思うことも多いかもしれません。
そんな時におすすめなのが “立ち食い”の寿司店
今回はJR琴似駅の近くに昨年(2023年)11月にオープンした注目の店「2代目 辰よし」をご紹介しましょう。

この看板が目印

この看板が目印

店内は7名ほどが入れる立ち食いカウンター。路面店で外からでも混み具合が確認できるので、気軽に入れる造りです。
メニューは寿司1貫から注文でき200〜250円くらいから。その日のおすすめが手書きで書かれています。

初めてなら「おまかせ」もおすすめ。
「夜鮨」は握り7貫・手巻き鮨・汁物で2,000円(以下全て税抜)。

以下、この日の内容です。

まずはビールで乾杯。「アサヒスーパードライ」「サッポロ黒ラベル」の小瓶(各550円)が選べます。

1貫目「たい」

熟成させた食感の良さが魅力

熟成させた食感の良さが魅力

シャリには赤酢もブレンドしているようで、マッチングもバッチリでした。

2貫目「かつお」

あっさりの中にコクを感じさせます

あっさりの中にコクを感じさせます

この時期らしいかつおの味わいです。

3貫目「しまあじ」

程よい脂の乗り

程よい脂の乗り

上品な脂がシャリの旨さを引き立てます。

途中で「汁物(岩のりの味噌汁)」を出してくれるので、口中のリセットにもおつまみ代りにもなりますよ。

出汁が効いてお酒にも合います

出汁が効いてお酒にも合います

4貫目「そい」

北海道らしい寿司タネです

北海道らしい寿司タネです

何と塩締めで1週間の熟成とのこと。食感・旨味とも抜群!

5貫目「桜ます」

漬けで

漬けで

ご主人曰く「イワシをたくさん食べて脂が乗っている」
札幌ならでは!この時期ならではの一貫!といえるでしょう。

6貫目「さめがれい」

炙って甘ダレで

炙って甘ダレで

炙りの香ばしさと身のジューシーさのバランスが◎!

7貫目「まぐろ赤身」

安定の旨さ

安定の旨さ

握りのラストはやっぱり「まぐろ」。赤身の香りと酸味がシャリによく合います。

手巻き「自家製かんぴょうといり胡麻」

ユニークな提供方法

ユニークな提供方法

締めは自家製のかんぴょうを手巻きで。いり胡麻が良いアクセントに。

以上、しっかり仕事の施された寿司タネに道産米と3種類の酢(赤酢・米酢・雑穀酢)をブレンドしたシャリの組み合わせは値段からは考えられないクオリティ。
そのコスパは抜群!といえるでしょう。

ご紹介した「夜鮨」のほか4,000円の「祭り鮨」もあり、(ぜいたく)握り10貫・手巻き鮨・汁物のセットになります。

長野「明鏡止水」の純米酒「日本の夏」

長野「明鏡止水」の純米酒「日本の夏」

お酒はビール・サワー類・梅酒・柚子酒など。日本酒は入れ替えメニューとなり、季節限定酒隠し酒もあります。

なお、ランチは日曜日のみですが「昼鮨」として握り7貫・手巻き鮨・汁物で1,500円と格安ですよ!

その他の写真

店データ

店名
2代目 辰よし Webサイト
住所
札幌市西区琴似1条1丁目7-16
電話番号
011-600-6416
営業時間
17:00〜23:00(日曜はランチ営業あり12:00〜14:00、閉店21:00)
定休日
水曜日
アクセス
JR琴似駅 徒歩2分
予算
2〜3,000円

おすすめメニュー

  • 夜鮨:2,000円(以下全て税抜)
  • 祭り鮨:4,000円
  • ランチ昼鮨:1,500円(日曜日のみ、20食限定)
  • お好み握り:200円〜
  • ビール:小瓶550円
  • 日本酒:550円程度〜