とんかつ屋方

「とんかつ」でお洒落に“ちょい呑み”

とんかつ屋方

札幌に「とんかつ専門店」はあまり多くありません。
大手グルメサイトで検索しても、札幌グルメで人気の「ラーメン」は約900軒、「カレー」は約600軒。
これに対して「とんかつ」はわずか80軒足らず。チェーン店も多いので、実質の軒数はもっと少ないでしょう。
営業形態(店造り)としては、家族やグループでも利用しやすいレストランタイプの店舗が多いことも特徴です。

高級感あるカウンター

高級感あるカウンター

そんな札幌に“一際オシャレなカウンターでとんかつを楽しめる”店が昨年オープンしました。
その名は「とんかつ屋方(やかた)」
場所は地下鉄東西線西18丁目から南に歩いて5〜6分、外から店内が見える入りやすい造りの店構えです。

寿司や天ぷらの専門店のような高級感あるカウンターの造りなので料理も高価なのかと思えば、意外なほどリーズナブル。これは店のコンセプトとして『とんかつを多様な楽しみ方で』を掲げるからです。

量でいろいろ選べます(写真は「ロース180g」

量でいろいろ選べます(写真は「ロース180g」

「ごはんとともにガッツリ食べたい」という場合にも、「とんかつでちょっとお酒を味わいたい」といったニーズにも対応できるように、とんかつは「量」で刻んだ値段設定にしています。

例えば「ロースかつ」が「160g 1,200円、以下全て税込」「180g 1,300円」「200g 1,400円」「230g 1,500円」(メニュー外の「250g」も可能とのことなので全部で5サイズ)。
「ひれかつ」が「150g 1,400円」「190g 1,600円」「240g 1,800円」まで3サイズと、自分の食べたい量で注文することができます。

こだわりの「ブランド豚」が味わえます

こだわりの「ブランド豚」が味わえます

とんかつに使う豚肉は、ご主人の目利きで厳選した「十勝野ポーク」「とかち桃花豚」「倶来夢ポーク」という3種類のブランド豚を使い分けており、それぞれ特徴のある肉の旨みを味わえます。

とんかつ店の重要なポイントである「ごはん」にもこだわっており、米(味噌も)はご主人の故郷である福岡から厳選したものを取り寄せて使っています。

「ごはん・味噌汁」は別メニュー

「ごはん・味噌汁」は別メニュー

とんかつでお酒を飲みたい場合、「ごはん」や「味噌汁」は要らないこともあるでしょう。
この店ではどちらも別メニュー(各100円)なっており必要に応じての注文ができます。

生ビールと「福岡のらっきょ」

生ビールと「福岡のらっきょ」

とんかつ以外にちょっとした「おつまみ」も用意され、「カプレーゼ」450円や「福岡のらっきょ」200円、「祖母手作りの梅干し」100円などもあります。

お酒もビール・ワイン・焼酎・日本酒に加えて、「とんかつにあうハイボール」(450円)などもラインアップ。

「とんかつによくあうハイボール」

「とんかつによくあうハイボール」

札幌のデートなどで“オシャレに”とんかつを楽しみたい、あるいはとんかつで“ちょい呑み”なんてときに、ここ「とんかつ屋方」は知っておいて損のない店になるはずです。

土日祝日限定の「ヒレかつサンド」(850円)をはじめ、各メニューのテイクアウトもできます
詳細は080-8627-2747 までお問い合わせください。

とんかつ屋方
「とんかつ」でお洒落に“ちょい呑み”

その他の写真

店データ

店名
とんかつ屋方 Webサイト
住所
札幌市中央区南2条西19丁目291-67 サードアベニュー 1F
電話番号
080-8627-2647
営業時間
11:30〜14:30、17:30〜20:30(L.O.各30分前)
定休日
月曜日夜・火曜日
アクセス
地下鉄東西線西18丁目駅 徒歩6分
予算
2〜3,000円

おすすめメニュー

  • ロースかつ:160g 1,200円(税込)〜
  • ひれかつ:150g 1,400円〜
  • カプレーゼ:450円
  • 福岡のらっきょ:200円
  • 祖母手作りの梅干し:100円
  • とんかつにあうハイボール:450円

詳しくはこちら