うめぇ堂

場外市場で“かに屋”の海鮮丼

うめぇ堂

札幌有数のグルメスポットである「札幌場外市場(※)」。
約60軒の店舗が軒を連ね、中央卸売市場からの山海の幸を使った料理を提供しています。
中でも北海道の食材といえばやっぱり「かに」でしょう。
その「かに」を食べるなら“専門店”がおすすめ、やっぱり違います。

メイン通りの「根室かに市場」(左が卸売センター)

メイン通りの「根室かに市場」(左が卸売センター)

店の名は「うめぇ堂」
場外市場のメイン通りに大きな看板とともに店を構える「杉山水産 根室かに市場」の直営店です。つまり“かにの専門店”。

卸売センター入口付近(向かいに「魚屋の台所」)

卸売センター入口付近(向かいに「魚屋の台所」)

「根室かに市場」の店舗奥に「うめぇ堂」への入口がありますが、建物左側の「卸売センター」からも入れます。
ともに少々入りにくいことがこの店を“穴場”化しているのかもしれませんが、同じ建物内には「食事処 魚屋の台所」「定食めし屋」もあるグルメスポットなのです。

店頭にも店内にも料理の写真を使ったメニュー看板が並びますが、この店ではもちろん「かに」がおすすめ。なるほど「さすがは直営店」と思わせてくれます。

この日は4種類のかに身盛り

この日は4種類のかに身盛り

例えば、海鮮丼などに使われている「かに」は1種類という店がほとんどですが、ここでは「タラバガニ」「ズワイガニ」「毛ガニ」の3大蟹に加えてさすがは根室を謳うだけあって「花咲ガニ」も加えた4種類から、通常でも3種類以上の“むき身”が使われます。
さらにそれらの「かに」を“独自の味付け”で食べさせてくれるところが、この店の“売り”にもなっています。

かに・うに・いくらの「三食丼」

かに・うに・いくらの「三食丼」

かに以外の海鮮ネタも高品位なものを使っており、8種類を盛り付けた「海鮮丼」(3,980円、以下全て税抜)は見た目も豪華な一品です。
「かに・うに・いくら」の「三食丼」も人気のネタを使ったおすすめの丼で、それなりの値段(3,700円)とはいえ、「うに」なども他店より多く乗せてくれるなど手抜きのないもの。
その日のおすすめネタを組み合わせた「日替丼」(2,300円)は、自分の好みに合えば“一番のコスパ丼”となることもあるでしょう。

「うに」も多めに乗ります

「うに」も多めに乗ります

全ての丼には専門店ならではの「蟹汁」が付きます。
具の蟹足にしっかり肉が入り出汁もよく出ており、これがサービスというのはやはり専門店ならではでしょう。

「蟹汁」にも身肉がしっかり

「蟹汁」にも身肉がしっかり

この店では、売っている蟹を調理してもらうこともできます。
特に(茹でたりして)味の抜けることがない「かに焼き」はこの店のスペシャリテといえるもので、その素材の良さを実感するはずです。

根室かに市場店舗(奥に「うめぇ堂」の入口)

根室かに市場店舗(奥に「うめぇ堂」の入口)

食事の後は販売店舗でお土産の購入もよいでしょう。
札幌場外市場で「かに」ならここ、「うめぇ堂」を覚えておいて損はありません。

各種弁当のテイクアウト対応しています。
詳細は 0120-788-776 へ(9:00〜16:00)

(※)正式には「札幌市中央卸売市場 場外市場」

うめぇ堂
場外市場で“かに屋”の海鮮丼

その他の写真

店データ

店名
うめぇ堂 Webサイト
住所
札幌市中央区北11条西22丁目1-26 根室かに市場
電話番号
011-640-2333
営業時間
7:00〜15:00
定休日
年末年始
アクセス
地下鉄東西線二十四軒駅 徒歩10分
予算
2〜3,000円

おすすめメニュー

  • 海鮮丼:3,980円(税抜)
  • 三食丼:3,700円
  • 海鮮日替丼:2,300円
  • カニ丼:2,300円
  • カニ・イクラ丼:2,500円
  • カニ・ウニ丼:3,800円

詳しくはこちら