ラーメン木曜日

札幌屈指の “高コスパ” ラーメン

ラーメン木曜日

札幌屈指の人気ラーメン店「ラーメン木曜日」は近くにJRや地下鉄の駅がなく、市電(路面電車)でのアクセスという場所ながら、連日多くのファンが行列を作っています。
「木曜日」というユニークな店名は、ご主人がかつて働いていたスープカレー店の定休日である木曜日だけラーメンを提供していたことに由来しています。

ワンコインの「煮干し正油」(味玉はトッピング)

ワンコインの「煮干し正油」(味玉はトッピング)

代表メニューは「煮干し正油」(500円税込)で、なんとワンコイン!
基本はこのスープ一本で、バリエーションとして「カラニボ」(550円、自家製煮干しラー油使用の辛いラーメン)とそれぞれの味の「つけ麺」(600円・650円)があります。

「煮干し」薫るスープ

「煮干し」薫るスープ

「煮干し正油」のスープは厳選した煮干しなど魚系の旨味が利いた醤油味で、柔らかながら深みのある出汁がその味を際立たせています。

麺は「小麦」が香ります

麺は「小麦」が香ります

麺は(暖簾にも表記がある通り)こだわりの自家製麺
その日の気温や湿度によっても調整した、全粒粉の小麦が香るストレート麺です。
数量限定の「太麺」や、少し時間がかかりますが「手揉み麺」に変更することもできます。

この麺・スープは「麺(硬さ)・油(多さ)・味(濃さ)」のそれぞれ「普通」を中心としてカスタマイズ(それぞれ増・減)が可能です。

「チャーシュー」は豚ロース

「チャーシュー」は豚ロース

具のチャーシューは豚ロースのあっさりタイプで、スープによく合います。
トッピングでも用意され(3枚100円、豚バラもあり)、その他の「味付け玉子(50円)・ゆでもやし(50円)・ねぎ(50円)・メンマ(50円)・のり(1枚10円)・ふ(麩1個10円)」などをカスタマイズと合わせることで、自分好みのラーメンを作ることができます。

半熟の「味付け玉子」は50円

半熟の「味付け玉子」は50円

苦手な具材は交換(ねぎ→メンマ)することができるのも、この店ならでは対応といえるでしょう。

これらの複雑な注文もワンコイン店に多いワンオペ(ほとんどが券売機で迷う)ではなく、スタッフをしっかり配置していることでスムーズに受けてもらえます(料金は前払い)。待ち行列の捌きもしっかり対応しているので、店内の回転の良さにもつながっています。

店の前の駐車スペースは常に満車

店の前の駐車スペースは常に満車

さらにこの店独特のサービスとして近隣のコンパーキングを利用の場合麺大盛り・味付け玉子・小ライス・チャーシュー・メンマ・のり2枚・ふ(麩)2個のどれかをサービスしてくれ、同乗者全員が対象となります。

以上のように「ラーメン木曜日」のラーメンはどう考えてもワンコインはお得としか言いようのないであり、店の対応(接客・カスタマイズ・サービス)の良さでもあります。

営業時間は当面の間平日が11:00〜15:00、売り切れ次第終了(現在時短営業)なのでご注意ください。当日の営業はこちらで確認できます。

ラーメン木曜日
札幌屈指の “高コスパ” ラーメン

その他の写真

店データ

店名
ラーメン木曜日 Webサイト
住所
札幌市中央区南8条西13丁目3-35
電話番号
011-563-6525
営業時間
11:00〜15:00(売り切れ終了)
定休日
日曜日
アクセス
札幌市電西線9条旭山公園通駅 徒歩2分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー