Cafe倫敦館

「ミニ大通」沿いの老舗カフェ

Cafe倫敦館

今回は “本当は秘密にしておきたい” 店をご紹介しましょう。その店はカフェ。名前は「Cafe倫敦館(ロンドンカン※)」です。
(※ショップカードには「caféterrace 倫敦館」とあります)

モダンな外観

モダンな外観

場所は札幌市民でも意外に知らない「ミニ大通」の東端。
札幌駅前から西に向かう北5条通りに並行して西11丁目〜17丁目の間にある約1kmの遊歩道です。

散策におすすめの「ミニ大通」

散策におすすめの「ミニ大通」

正式名称は「札幌圏都市計画街路・北四条歩行者専用道路(ミニ大通公園)」と言います。その起点となる東の端、石山通に交差する場所に「Cafe倫敦館」はあります。

創業は1976年(昭和51年)。ミニ大通がその前年の1975年にできたので、ほぼ歴史を共にしていることになります。

入口です

入口です

外観はモダンな建物です。店に入るとアンティークな家具などが置かれ、JAZZが流れる落ち着いた雰囲気。レジカウンターにある年季の入ったレジスターやオーディオセットが目に入ります。螺旋階段を上がった2階もあります。

中央には螺旋階段

中央には螺旋階段

この店の特徴は朝9時から夜の23時30分まで営業していること。
モーニングにランチ、夜は軽くアルコールも楽しむことができるのです。

おすすめの「マカロニグラタンランチ」

おすすめの「マカロニグラタンランチ」

今回は「ランチ」のご紹介です。

おすすめは「マカロニグラタンランチ」(税込850円)。コーヒーとドレッシングのおいしいサラダがついています。

熱々の「マカロニグラタン」

熱々の「マカロニグラタン」

熱々で提供されるグラタンは表面の焼きが香ばしく、中はふんわりのホワイトソース。

マカロニももっちり感があり、“究極のカフェ飯(めし)” といえる一品です。

中はふんわりホワイトソース

中はふんわりホワイトソース

コーヒーも「さすがは老舗」と感じさせる味わい深いもの。

ソーサーには「倫敦館」の文字。正面から見るとカップの陰に隠れるさりげなさが素敵です。

さりげなく「倫敦館」の文字

さりげなく「倫敦館」の文字

ランチの注文時にコーヒーをいつ(食前・後など)持ってくるか聞いてくれるので、店が混んでなければ食後にして、ゆっくり味わうのもよいでしょう。

そうそう、カフェタイムなら「エスプレッソ」(500円)もおすすめです。

「サラダ」も手抜きなしです

「サラダ」も手抜きなしです

ランチは他にも「パングラタン」や「シーフードドリア」。さらに喫茶店の定番「ナポリタン」や「ハヤシライス」などもあって。それぞれファンの多い人気メニューになっています。

一日中楽しめるこの店、何と年中無休なのです。いつでも行けるカフェがあることは安心感につながりますね。

1
2
3
4
5
口コミを投稿する

レビューを投稿する

平均評価:  
 0 レビュー

その他の写真

店データ

店名
Cafe倫敦館
住所
札幌市中央区北4条西11丁目75
電話番号
011-271-7730
営業時間
9:00〜23:30
定休日
無休
アクセス
地下鉄東西線西11丁目駅 徒歩10分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • マカロニグラタンランチ:850円(税込)
  • ハヤシライスランチ:1,000円
  • コーヒー:500円
  • カフェエスプレッソ:500円
  • モーニングサービス:650円

口コミ

1
2
3
4
5
口コミを投稿する

レビューを投稿する

平均評価:  
 0 レビュー