Armor

本場ブルターニュ地方のガレットを札幌で

Armor

札幌の円山地区。名だたるフレンチレストランが店を構える場所ですが、「Armor(アルモール)」はその中でも気軽に利用できる一軒です。

ご主人はフランスでの修行の後に、東京神楽坂の有名フレンチレストランの料理長に就任。
その後、“本場フランス・ブルターニュ地方のガレットを札幌で味わってもらおう” というコンセプトで、2018年の年末にArmorを開店しました。

コンセプト通り、店の看板メニューは「ガレット」です。
ガレットとはフランス北西部の郷土料理・菓子で “薄くて丸いもの” を意味しますが、一般には「そば粉のクレープ」と言えばわかりやすいでしょう(ただしクレープはガレットから派生、小麦粉が素材)。

定番の「コンプレット」

定番の「コンプレット」

ガレットの定番といえば「コンプレット」
蕎麦粉の生地を焼きながら卵を落とし、周りにチーズとハムを散らしてさらに焼いたもの。半熟の黄身を割って生地やハム・チーズを絡めていただきます。

この店の「コンプレット」(950円、以下全て税抜)は、道産蕎麦粉100%の生地が薄くカリッと焼かれ、職人の腕を感じさせる仕上がりになっています。
ガレットは基本のコンプレットの他に「生ハム」や「季節野菜」「スモークサーモン」「鴨肉」などを使ったバリエーションがあって、選ぶのも楽しいメニュー構成です。

「ホタテとアスパラ、桜えびのガレット」なども登場します

「ホタテとアスパラ、桜えびのガレット」なども登場します

“Armor” とはフランスの方言で “海の国” の意味とか。
店内に「生簀(水槽)」を備え、魚介類のメニューも得意としていることも納得です。
特に「ブルターニュ風 ブイヤベース」(2,400円、2人前〜)はこの店のスペシャリテになっています。

“当日のおすすめ” は黒板メニューに書かれており、「生牡蠣」から「牛肉」までお楽しみの料理が並ぶので、ガレットとともに味わってみましょう。

ガレットといえば「シードル」(りんごの発泡酒)が定番。この店でもシードルを楽しむことができます。もちろん各種ワインもあって、お酒を頼むと「ガレットのせんべい」を出してくれます(毎回ではないかもしれません)。

ガレットのせんべい

ガレットのせんべい

土台になっている蕎麦の実もポリポリと食べられます。

「Armor」にはカウンターもあって “昼飲み” もできるので、ガレットやフレンチの小皿でワインやシードルを楽しみ、そして夜には本格的なコース料理をいただく。
“使い方いろいろ” の、知っておいて損のない一軒です。

テイクアウトメニューもあります(詳しくはこちら)。

Armor
本場ブルターニュ地方のガレットを札幌で

その他の写真

店データ

店名
Armor ガレットと生簀のあるフレンチ Webサイト
住所
札幌市中央区北3条西28丁目3-10 寺山ビル 1F
電話番号
011-213-8074
営業時間
11:30〜15:00、18:00〜23:00(L.O.22:00)土・日・祝日は17:00〜18:00以外は通し営業
定休日
月曜日
アクセス
地下鉄東西線西28丁目駅 徒歩3分
予算
3〜4,000円

おすすめメニュー

  • 平日ランチセット:1,280円〜(税抜)
  • 週末ランチコース:1,680円〜
  • ガレット:950円〜
  • クレープ:500円〜

詳しくはこちら