French Panda(フレンチパンダ)

「AKI NAGAO」と「布袋」名店のコラボ

French Panda(フレンチパンダ)

札幌でフレンチを気軽に楽しみたい。できればフレンチ以外のメニューもあると嬉しい。
そんな希望をかなえてくれる店が、今回ご紹介する「French Panda(以下フレンチパンダ)」です。

この店、実はフレンチの有名店の直営店、それゆえ料理はお墨付き。
その店とは「AKI NAGAO(アキナガオ)」
今や札幌でトップの評価を受けるフレンチレストランです。もちろんミシュランでも星を獲得、大手グルメサイトでも堂々札幌ナンバーワンの位置に君臨しています。

そのAKI NAGAOと、これも札幌中華の名店「布袋(ほてい)」とのコラボで誕生した店が、この「フレンチパンダ」です。
場所はAKI NAGAOも入るグルメビル「G-Dining」(南3西3)の地下一階。入口への階段はビルの裏側なので、そちらを利用します。

カウンターにはパンダ!

カウンターにはパンダ!

店は廊下から店内がそのまま見えるオープンな造り。目の前のカウンターでは、パンダちゃんがお客さんを迎え入れてくれます。

料理は店の特徴を表すように気軽な「前菜」「パスタ・リゾット」「メイン」などに分かれています。
何を注文しようか迷った時は料理名についた “パンダマーク” が目印、店のおすすめです。

おすすめの「パンダのパテ・ド・カンパーニュ」

おすすめの「パンダのパテ・ド・カンパーニュ」

そんな中の一品「パンダのパテ・ド・カンパーニュ」(1,000円)。
さすがはAKI NAGAOの姉妹店!と思わせるクオリティ、肉の旨みがたっぷりでワインが進みます。

「布袋」の料理が食べられるのもこの店の大きな特徴で、布袋の代名詞ともいえる「ザンギ」は3個で580円。このザンギは人数に合わせて個数を調整することもできます(3個以上)。

名店「布袋」のザンギ

名店「布袋」のザンギ

布袋で食べるよりやや小ぶりながら、口にした時の独特の香りと肉の旨味は布袋のザンギそのもの。
ここで食べられる幸せを感じます

その他、布袋の点心(「海老ギョウザ」や「小籠包」など)も注文が可能です。

これも布袋の「海老ギョウザ」

これも布袋の「海老ギョウザ」

これらの中華メニューをこだわりの「ビオワイン」で味わえる。この店ならではの楽しみといえるでしょう。

高い女子率に合わせてか、デザートもしっかり揃います。
人気の「バナナのタルト」(600円)「ガトーショコラ」(550円)「レアチーズケーキ」(550円)など。「自家製アイス」(チョコ・ティー・ミルク各430円)もあるので、ケーキ類と組み合わせるのもおすすめです。

フレンチパンダは札幌を代表するフレンチと中華の名店、それぞれのエッセンスを気軽に味わえるおすすめのお店。深夜(翌1時、金・土・祝前日は翌2時)まで営業しているので、“2次会” や “ホテルへ帰る前に軽く一杯”、そんな使い方もできます。

French Panda(フレンチパンダ)
「AKI NAGAO」と「布袋」名店のコラボ

店データ

店名
French Panda(フレンチパンダ) Webサイト
住所
札幌市中央区南3条西3丁目3 G-Dining B1
電話番号
011-206-7243
営業時間
月〜木曜日18:00〜翌1:00、金曜日〜翌2:00、土・祝前日17:00〜翌2:00
定休日
日曜日
アクセス
地下鉄南北線すすきの駅 徒歩3分
予算
3〜4,000円

おすすめメニュー

  • パンダのパテ・ド・カンパーニュ:1,000円
  • ザンギ:3個580円
  • 海老ギョウザ:2個430円
  • 小籠包:2個430円
  • バナナのタルト:600円
  • 自家製アイス:430円

詳しくはこちら