開陽亭 別邸 大三坂

あの開陽亭の海鮮を洋食仕立てで

開陽亭 別邸 大三坂

※大三坂では2020年11月27日までの間、酒類の提供は22時までとなります。

札幌のグルメといえば「海鮮料理」は外せないでしょう。しかしどの店も同じようなメニューになっていませんか?せっかくの札幌、特徴のある店を選びたいもの。
そんな方におすすめなのが「大三坂(だいさんざか)」。正式には「函館 開陽亭 別邸 大三坂 本店」です。

店名からもわかるように、すすきので大人気の海鮮居酒屋「開陽亭」の姉妹店で、同じすすきのに本店を構えています。
この店の特徴は、開陽亭で仕入れた新鮮な魚介類を洋食仕立てで食べられること。

名物「カニクリームコロッケ」

名物「カニクリームコロッケ」

開陽亭名物の「カニクリームコロッケ」はもちろん、「海の幸グラタン」(1,280円、以下全て税抜)にカスベやヒラメの「ポワレ」(各1,680円)などは、まさにこの店ならではといえるでしょう。
さらに冬季限定ながら「ブイヤベース鍋」(1,680円)は、海鮮食材の良さを活かした代表的なメニューとして人気になっています。

肉も道産ものを中心に各種ラインアップ。特に「道産牛ヒレ肉のローストビーフ」(1,800円)は限定品ながら、その日あればぜひ注文したい一品です。

お得な「お刺身盛り合わせ」

お得な「お刺身盛り合わせ」

人気の「いか刺」などの刺身、焼き物などは開陽亭と同じものを食べられますが、「お刺身盛り合わせ」(1,580円〜)は「醤油・トマトドレッシング・味噌ダレ」と3種類の味で楽しめるオリジナリティを演出しています。

開陽亭名物のひとつ「うにぎり」(680円)は小さなおにぎりの中に「塩うに」、上に「塩水うに」(15g)が乗った贅沢仕様で、ご飯の量(70g〜)が選べて値段は同じ。
シェアして少しだけ食べたいなら、ご飯70gに10gのうにで2個セットという「うにぎりミニセット」(860円)がおすすめです。

これも名物「うにぎり」

これも名物「うにぎり」

丼物も “量が多くて値段もそれなり” というより、“良いものを少しだけ、その分安く” という望みを叶えてくれます。
「いくら丼」は「ミニ盛り」がご飯120gで580円とリーズナブル。高級な「塩水うに丼」も同じくミニ丼なら980円で食べられます。

このように「大三坂」は開陽亭の素材を活かした洋食店としても、同じ海鮮居酒屋としても使え、さらに午前1:00以降はノーチャージの夜カフェとしても使えるというとても便利な店です。

こんな店を一軒知っていれば、すすきの通の仲間入りといえるでしょう。

※2020年2月より、月〜土曜日の営業時間が翌2:00までに変更になりました(旧来は4:00)。

開陽亭 別邸 大三坂
あの開陽亭の海鮮を洋食仕立てで

店データ

店名
函館 開陽亭 別邸 大三坂 本店 Webサイト
住所
札幌市中央区南5条西6丁目16-5 リッチ会館 1F
電話番号
011-520-0155
営業時間
18:00〜翌2:00(L.O.1:00、日曜日は〜24:00)
定休日
無休
アクセス
地下鉄南北線すすきの駅 徒歩4分
予算
6〜7,000円

おすすめメニュー

  • 活いか:時価(一パイ2,500円前後、税抜)
  • カニクリームコロッケ:420円
  • うにぎり:680円〜
  • いくら丼:580円〜
  • 塩水うに丼:980円〜
  • ブイヤベース鍋(冬季限定):1,680円