静岡おでん 富士呑見屋

札幌では珍しい「静岡おでん」の店

静岡おでん 富士呑見屋

札幌では珍しい「静岡おでん」を味わえる店をご紹介しましょう。
店の名は「富士呑見屋(ふじのみや)」といいます。
場所は札幌第二の繁華街琴似の一角、二十四軒・手稲通り(通称“地下鉄通り”)にある路面店です。

各卓にはおでん用のガスコンロ

各卓にはおでん用のガスコンロ

そのそも「静岡おでん」とは?と思われるかもしれません。
「静岡おでんの会」による“5ヶ条”では、
「1.黒はんぺんが入っていること、2.黒いスープ、3.串に刺してある、4.青海苔・だし粉をかける、5.駄菓子屋にもある」というもの。

静岡おでんの顔「黒はんぺん」

静岡おでんの顔「黒はんぺん」

特に「黒はんぺん」はつゆ(スープ)の色にもマッチした静岡おでんを印象付ける代表的な種で、これ無くして“静岡おでん”は名乗れません

鍋で提供される名物「静岡おでん」(写真はおまかせ5本)

鍋で提供される名物「静岡おでん」(写真はおまかせ5本)

富士呑見屋では、常時20種類ほどのおでん種(1本110円〜、以下全て税込)を用意しています。静岡おでんが初めてなら、「おまかせ」(5本530円〜)からがおすすめ。
5本以上の注文の場合、「鍋」で提供してくれます。カウンターやテーブルにはガスコンロがあるので、その上で煮込みながら熱々の静岡おでんを味わうことができます

豆腐も「串」で「だし粉」をかけていただきます

豆腐も「串」で「だし粉」をかけていただきます

黒いおでんつゆはその見た目からは意外にあっさり。カウンターやテーブルに置かれる「だし粉」が良いバランスをとってくれます。
さらに鍋でゆっくり煮込まれるので、最後の方は濃いめのつゆで旨味が前面に出てくる。そんな味わいの違いも楽しめる、この店ならではの特徴といえるでしょう。

麺許皆伝の「富士宮やきそば」

麺許皆伝の「富士宮やきそば」

富士呑見屋は静岡おでんの他にも「ご当地グルメ」をいろいろ用意しています。
まずはB級グルメで今や全国的な知名度を誇る「富士宮やきそば」
実は「富士宮やきそば」は登録商標のため、これをメニューに載せるには「富士宮やきそば学会」の“麺許皆伝書”を取得するなどいくつかの手続きが必要です。
ご主人はもちろん富士宮で麺許皆伝を取得しており、これもまた札幌では珍しい本物の「富士宮やきそば」を食べさせてくれます。

これは貴重!「桜エビ」と「生しらす」

これは貴重!「桜エビ」と「生しらす」

そして静岡の海の幸として有名なのが「生しらす」と「桜エビ」
「生しらす」は名産地「用宗(もちむね)」から、「桜エビ」は由比産のもの(桜エビは全国でも捕獲可能なのは駿河湾だけ)。
静岡県外にもなかなか出回らない希少な海産物なので、これらを札幌で常に味わえる店はほとんど無いはずです(ともに630円で10食限定)。

「お得な静岡のフライ3点盛り」静岡のトリイソースで

「お得な静岡のフライ3点盛り」静岡のトリイソースで

その他、三島馬鈴薯(メークイン)で作った「みしまコロッケ」やその消費量で全国一にも輝く「浜松餃子」などのご当地B級グルメ、そして銘酒どころである静岡の日本酒も各種そろっています。
(みしまコロッケに名物黒はんぺんフライ、小アジのフライの「3点盛り」もおすすめです)

静岡の銘酒もいろいろ(写真は由比の「英君 桜えびラベル」)

静岡の銘酒もいろいろ(写真は由比の「英君 桜えびラベル」)

そんな「富士呑見屋」で“静岡グルメ”のオンパレード、一度味わってみてはいかがでしょうか。

静岡おでん 富士呑見屋
札幌では珍しい「静岡おでん」の店

その他の写真

店データ

店名
静岡おでん 富士呑見屋 ホームページ
住所
札幌市西区二十四軒3条5丁目8-25 田中ビル 1F
電話番号
011-213-7780
営業時間
17:00〜23:00(L.O.22:30)
定休日
月曜日(祝日営業、翌火曜休)
アクセス
地下鉄東西線琴似駅5番出口徒歩4分
予算
3〜4,000円

おすすめメニュー

  • 静岡おでん:110円(税込)
  • 静岡おでん おまかせ:5本530円〜
  • 富士宮やきそば:650円〜
  • 生しらす、桜エビの刺身:各630円
  • お得な静岡のフライ3点盛り:630円
  • 浜松餃子:480円〜

詳しくはこちら