すみれ 札幌すすきの店

すすきので名店「すみれ」のラーメン

すみれ 札幌すすきの店

札幌グルメの代名詞ともいえる「味噌ラーメン」を語る上で欠かせない店といえば「純連」と「すみれ」でしょう。
その源流は昭和39年(1964年)に創業した「純連(すみれ)」にあります。
途中一時閉店しながら復活した「純連」は呼び名を(じゅんれん)とし、その後創業家の長男が店を受け継ぎ、平成元年(1989年)には三男がもう一軒の純連(呼び名は「すみれ」〜その後店名に)を開店しました。現在では姉妹店関係ではなく別の店ですが、それぞれが創業からの伝統を守った「純連のラーメン」を作り続けていることに変わりはありません。

すすきの交差点近くの通りを入ります

すすきの交差点近くの通りを入ります

有名なすすきの交差点からすぐ近く(都通り)のビルの2階。店に上がる階段には行列ができていることも多く、すぐに見つけられるでしょう。
店は2階にあります

店は2階にあります

店に入るとすぐに今風のタッチパネル式券売機があります。ここで食券を買って店員さんに渡しましょう。店内は横長のL字型カウンターにテーブルが2卓。数人が座れる待合い席もあり、満席の場合はそこで待ちます。

人気の「味噌ラーメン」

人気の「味噌ラーメン」

看板の「味噌ラーメン」(900円税込)はラードの膜がスープを保温しつつコクを加え、プリプリの縮れ麺と組み合わせた “The伝統” の札幌スタイルです。

ラードに覆われるスープが特徴

ラードに覆われるスープが特徴

その麺は(数年前から変更された製麺所の)「すみれ用特製麺」で、この店のコク深いスープにベストマッチ。具材はタマネギ・モヤシ・挽肉が炒められ、メンマ・ネギ、そして生姜の振られたチャーシューが乗っています。

麺はプリプリ縮れの特製麺

麺はプリプリ縮れの特製麺

店で修行を重ねた門下生達がこのスタイル継承し、今では「純すみ系(村中系とも)」と呼ばれる一大勢力を成しています。純連・すみれが “札幌の味噌ラーメンの標準” とされる所以です。

すみれではもちろん「味噌ラーメン」が人気ですが、「正油・塩」を含めた3味をしっかり用意しているところは札幌の老舗店ならではといえるでしょう。
「チャーシューメン」は各味に+300円、食べ応え十分です。

「味噌チャーシュー」もおすすめ

「味噌チャーシューメン」もおすすめ

すすきの店は場所柄か夜だけの営業(17時〜※)ですが「締めにもう少しだけお酒を飲みたい」、そんな希望も叶えてくれます。
オリジナルブランドのドイツスタイルビールは、その名も「すみれビール」。日本酒は「すみれ大吟醸」
ラーメンの具材(チャーシュー・メンマ・煮卵)を盛り合わせた「おつまみセット」「ネギポン酢チャーシュー」などもあるので、ラーメンの前に軽く一杯という楽しみ方もできます。

(※)一時期昼営業も行っていましたが、現在は夜のみの営業に戻っています(時短中)。

すみれ 札幌すすきの店
すすきので名店「すみれ」のラーメン

その他の写真

店データ

店名
すみれ 札幌すすきの店 Webサイト
住所
札幌市中央区南3条西3丁目9-2 ピクシスビル 2F
電話番号
011-200-4567
営業時間
17:00〜25:00(日・祝日は24:00)
定休日
無休
アクセス
地下鉄南北線すすきの駅 徒歩2分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • 味噌ラーメン:900円(税込)
  • 塩ラーメン:800円
  • 正油(醤油)ラーメン:800円
  • 昔風ラーメン:900円
  • 味噌チャーシューメン:1,200円
  • ハーフ(各種):570円