白樺山荘(札幌ら〜めん共和国店)

札幌“第二世代”を象徴するラーメン店

白樺山荘(札幌ら〜めん共和国店)

昭和の20年代、戦後の復興期に誕生した「札幌ラーメン」は昭和30年に入ると「味噌ラーメン」が人気を集め、以降味噌を中心とした札幌ラーメンが大きな広がりを見せました。

その後、平成に入る頃から “新たなラーメン” を追求する店が出現、札幌ラーメンの「第二世代」とも呼ばれたものです。

イメージ写真

イメージ写真

平成9年(1997年)に登場した「白樺山荘(しらかばさんそう)」は、その動きを象徴するラーメンとして人気を集めた店です。

それまでの札幌味噌ラーメンはラードが多めに使われ、スープにコクを与えつつ “保温” の効果を持つ一方で、油っぽい濃厚なラーメンが一般的でした。

「白樺山荘」では食材を厳選し、手間をかけたスープやタレの分量を「カット&トライ」で完成させています。つまり最も重視するのが “さじ加減”。
もちろん一定量のラードは使うものの、一杯の丼におけるバランスが白樺山荘の “こだわり” そのものなのです。

こだわりの「味噌ラーメン」

こだわりの「味噌ラーメン」

そのこだわりで作られる「味噌ラーメン」(税込880円)は白糀味噌と白味噌をブレンドし、胡麻油やオイスターソース、ニンニクなどを加えた味噌ダレが味の基本。

意外にマイルドな口当たりの「スープ」

意外にマイルドな口当たりの「スープ」

その味噌ダレに豚骨・豚足+野菜のスープベースを加え、深い味わいながらマイルドな口当たりのスープに仕上げています。

スープによく合う「縮れ麺」

スープによく合う「縮れ麺」

麺はそのスープに合うように中太縮れのたまご麺を使用、チャーシューも豚バラロース肉をスープの味に合わせたやや薄味の仕上げです。

コンセプトどおりバランスを重視したもので、丼の中ですべての食材が一体化するかのようです。

チャーシューにもこだわり

チャーシューにもこだわり

この “基本” は「醤油ラーメン」「塩ラーメン」(各880円)においても徹底され、“くどさ” がなく、飽きの来ないラーメンとして楽しめます。

「ゆでたまご」は無料!

「ゆでたまご」は無料!

「ゆでたまご」が無料なのもこの店の売りで、ビールのおつまみによし、ラーメンにトッピングとして投入するのもよし。嬉しいサービスといえるでしょう。

「やきめし」(写真はハーフ)

「やきめし」(写真はハーフ)

サイドメニューのおすすめが「やきめし」(650円)。自慢のラーメンスープを味付けに活かしたラーメンによく合うチャーハンです。「ハーフ」メニュー(350円)もあるので、「ミニラーメン」(600円)と組み合わせて “半ちゃんラーメン” としても楽しめます。

「焼きシューマイ」

「焼きシューマイ」

「焼きシューマイ」(330円)や「パオギョーザ」(300円)も白樺山荘の名物サイドメニューで、それぞれ独特の焼売&餃子が楽しめます。ラーメンの前にビールでちょいとつまむのもおすすめです。

JR札幌駅直結の「札幌ら〜めん共和国」

JR札幌駅直結の「札幌ら〜めん共和国」

白樺山荘の本店は南区の真駒内で、全部で7店を出店していますが、ここでは利用に便利な「札幌らーめん共和国店」の店データをご紹介します。

白樺山荘(札幌ら〜めん共和国店)
札幌“第二世代”を象徴するラーメン店

その他の写真

店データ

店名
白樺山荘 札幌ら〜めん共和国店 Webサイト
住所
札幌市中央区北5条西2丁目1 札幌エスタ 10F
電話番号
011-213-2711
営業時間
11:00〜19:45
定休日
札幌エスタに準じる
アクセス
JR札幌駅直結
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

  • 味噌ラーメン:880円(税込)
  • 味噌チャーシューメン:1,080円
  • 正油ラーメン:880円
  • 塩ラーメン:880円
  • やきめし:650円(ハーフ350円)
  • ミニラーメン:600円

詳しくはこちら