そば処 丸長本家

知る人ぞ知る「蕎麦屋のラーメン」

そば処 丸長本家

“ラーメンのまち” 札幌で、蕎麦屋ながら「ラーメン」が隠れた人気
そんな店が今回ご紹介する「そば処 丸長本家(まるちょうほんけ)」です。

場所は狸小路の9丁目、既にアーケードが無くなっているエリア。その一角に「ラーメン」の幟が見えるでしょう。

「ラーメン」の幟が目印

「ラーメン」の幟が目印

「丸長本家」は昭和28年(1953年)北海道赤平で開業、その後現在の地に移転しました。
店主が「家の近くにこんな店があってほしい」という思いを込め、地元の蕎麦屋として、食堂として、居酒屋としても愛され続けています。

「丸長神社」もあるユニークな店構え

「丸長神社」もあるユニークな店構え

それだけにメニューが豊富で常時100種類以上をラインアップ。
メインの蕎麦はもちろん、丼ものや定食、一品料理にお酒のおつまみ類も充実しています。
そんな中から今回は「ラーメン」をご紹介します。

テイクアウトにも対応する「豊富なメニュー」

テイクアウトにも対応する「豊富なメニュー」

このラーメン、札幌では “知る人ぞ知る一品” で、隠れファンの多いことで知られます。
メニューも「正油・塩・みそ」(各税込700円)の3味をそろえ、それぞれに「野菜」(950円)「チャーシュー」(950円)「野菜チャーシュー」(1,200円)があります。まるで専門店かと思うような充実ぶり。

懐かしさ漂う「正油ラーメン」

懐かしさ漂う「正油ラーメン」

基本の「正油ラーメン」は懐かしさを感じさせるシンプルな作り。北海道らしいナルトにスープの染みこむ焼き麩、脂身の少ないチャーシュー。そして中太で軽く縮れた黄色い麺、まさに札幌のオーソドックスラーメンです。

札幌らしい「縮れ麺」

札幌らしい「縮れ麺」

スープもあっさりの正油味に蕎麦屋の「かえし」を活かしているのでしょうか、表面に浮いた油とともに独特のコクを出しています。

あっさりながらコク深い「スープ」

あっさりながらコク深い「スープ」

サイドメニューとして「ミニどんぶり」(各400円)があり、「玉子丼」や「カレー丼」などと一緒に味わうこともできます。

もちろん本業の蕎麦も「更科そば」無添加の「つゆ」にこだわり、それぞれのメニューに活かしています。

「ミニそば」あげ玉トッピング

「ミニそば」あげ玉トッピング

「そば・うどん」も “ミニ” として温 or 冷、トッピング(揚げ玉など)を一品追加できるサイドメニューを用意。ラーメンにも追加可能なので「ラーメン&そば」の両方を味わうことができます。

夜は一品料理や各種の酒肴でお酒を楽しむ “居酒屋使い” もおすすめです。
このように、昼夜いろいろな楽しみ方ができる。これぞ「丸長」ならではの魅力といえるでしょう。

1
2
3
4
5
口コミを投稿する

レビューを投稿する

平均評価:  
 0 レビュー
そば処 丸長本家
知る人ぞ知る「蕎麦屋のラーメン」

その他の写真

店データ

店名
そば処 丸長本家 Webサイト
住所
札幌市中央区南3条西9丁目
電話番号
011-241-0455
営業時間
10:00〜23:00、土日祝11:00〜22:00
定休日
無休
アクセス
地下鉄東西線西11丁目駅 徒歩7分
予算
〜1,000円

おすすめメニュー

詳しくはこちら

口コミ

1
2
3
4
5
口コミを投稿する

レビューを投稿する

平均評価:  
 0 レビュー