鮨の魚政

札幌の市場寿司といえばこの店

鮨の魚政

札幌でグルメを楽しむなら外せない場所が「市場」でしょう。中でも最大の市場は「札幌中央卸売市場」、そしてその周辺には美食を味わえる店がたくさん並んでいます。

今回ご紹介したいのが、札幌中央卸売市場に隣接した「さっぽろ朝市」
近くの「場外市場」に比べ “業務色” が濃く、観光客より地元の飲食店関係者に使われる “穴場” ともいえる市場です(一般も利用可)。

穴場の「さっぽろ朝市」

穴場の「さっぽろ朝市」

その中にあって、市場寿司として人気の店が「鮨の魚政(うおまさ)」
店内はカウンター9席のみ。市場関係者など “プロ” の利用に加え、メディアでの評判を聞いて集まる観光客が押しかけるため、昼にはタネ切れ・シャリ切れになってしまうことも多いという店です(開店は朝6時)。

市場直送の新鮮な魚が並びます

市場直送の新鮮な魚が並びます

お客さんの大半が注文するのが「おまかせ10貫」(2,900円税込)。
その日のおすすめ、旬の魚を握ってくれます。

「中トロ」に「ソイ」でスタート

「中トロ」に「ソイ」でスタート

北海道らしい白身(ソイなど)・貝類(ホタテやホッキ貝など)・カニ・エビなどに加えて、贅沢な中トロ・ウニ・イクラなどに味噌汁も付くという、かなり満足度の高い構成です。

脂の乗った「サーモン」

脂の乗った「サーモン」

全てに “煮切り醤油” が塗られているので、そのままサッと食べられます(カウンターには醤油用の小皿もありません)。市場関係者も利用する寿司屋らしいスタイルです。

北海道ならではの「ホタテ」

北海道ならではの「ホタテ」

まずは10貫、おまかせで。そして、他に好みの魚があれば追加する。
この店でおすすめの食べ方です。
追加の握りは伝票に数量を書いて注文します。「タコ頭」などは100円から。その日の “おすすめ” は店内のボードに書かれているので、そこから選ぶのも良いでしょう。

とろけるような「ウニ」

とろけるような「ウニ」

市場寿司ならではの新鮮な魚をリーズナブルに楽しめる、それがこの店一番の魅力です。

ただしタネ切れにはご注意を。予約も可能なので、この店狙いで市場に訪問する場合は予約をおすすめいたします。

鮨の魚政
札幌の市場寿司といえばこの店

その他の写真

店データ

店名
鮨の魚政
住所
札幌市中央区北12条西20丁目1-20 丸果ビル 1F
電話番号
011-644-9914
営業時間
6:00〜13:00(L.O.12:30、売切れ終了)
定休日
日曜日・祝日(水曜不定休)
アクセス
地下鉄東西線二十四軒駅 徒歩10分
予算
2〜3,000円

おすすめメニュー

  • おまかせ10貫:2,900円(税込)
  • おまかせ15貫:3,800円
  • 握り寿司:100円〜