キッチン うふ(Kitchen Oeufs)

“卵”にこだわるカフェキッチン

キッチン うふ(Kitchen Oeufs)

狸小路の8丁目周辺は「タヌハチ」とも呼ばれ、有名店から穴場まで人気の店が並ぶグルメエリアとして知られます。
その中から今回は注目の一軒、「キッチン うふ(Kitchen Oeufs)」をご紹介します。

名店揃いの「大洋ビル」

名店揃いの「大洋ビル」

店はタヌハチのグルメビルとして有名な「大洋ビル」の2階。ひっそり構えるその雰囲気はまさに “穴場” 。店内は “パリのカフェ” をイメージしたというアンティーク調で、テーブルもゆったりとした配置になっています。

ビルに入るとフロアガイドがあります

ビルに入るとフロアガイドがあります

コンセプトは店名どおり“卵にこだわる”こと(うふ=Oeufs=仏語で卵)。
北海道当別町の「Farm Agricola(ファームアグリコラ)」の平飼い有精卵を使用し、卵本来の味を生かした料理を提供しています。

店内のテーブルはゆったり配置

店内のテーブルはゆったり配置

メニューは「メイン+ドリンク」(1,600円税込〜)「メイン+スイーツ+ドリンク」(2,000円〜)「スイーツ+ドリンク」(1,300円〜)という3種類の組み合わせで、選んだ料理により料金が決まるシステムです。

定番「オムライストマトソース」

定番「オムライストマトソース」

メインは卵料理の定番といえる「オムライストマトソース」
半熟のオムレツと香ばしいチキンライス、野菜の旨味を活かしたトマトソースの組み合わせに、チーズとスパイスが味と香りのアクセントを加えます。

「ふわとろたまごドリア」

「ふわとろたまごドリア」(サラダは別添え)

そして卵の “ふわとろ感” と焼きの “こんがり感” が魅力の「ふわとろたまごドリア」

さらに、パンとの組み合わせでも同様の “ふわカリ” 感が楽しめる「クロックマダム」という3種類のラインアップ。どれもが “卵のおいしさを味わえる” 料理になっています。

パンは「クロックマダム」で

パンは「クロックマダム」で

それぞれの料理に添えられる野菜類の新鮮さも印象的、食材へのこだわりを感じます。

天然塩が添えられる「バスク風チーズケーキ」

天然塩が添えられる「バスク風チーズケーキ」

スイーツは濃厚でクリーミー、シンプルな分深い味わいを楽しめる「バスク風チーズケーキ」。天然塩を添えて提供されます。

名物「プリン・ア・ラ・モード」

名物「プリン・ア・ラ・モード」

そして名物ともいえる「プリン・ア・ラ・モード」(+200円)。
適度な硬さと滑らかな口当たり、そんな食感のバランスが見事なプリンを季節の果物、アイスクリームと一緒に味わえます。

その他、期間限定のメニューもあります。

「かぼちゃプリンのティラミス風パフェ」

「かぼちゃプリンのティラミス風パフェ」

「かぼちゃプリンのティラミス風パフェ」(+300円)は、かぼちゃの甘みとコクを楽しめるプリンを使ったティラミス風のパフェで、赤ワインとスパイスで煮たというレーズンが味のアクセントになっています(プレートでの提供も可能です)。

「ドリンク」も各種選べます

「ドリンク」も各種選べます

ドリンクは「スペシャリティコーヒー」「ダージリンティ」などはセット料金で、「オーガニックジンジャーエール」(+100円)「ロイヤルミルクティ」(+200円)などは追加料金でセットにすることができます。

こだわりの “卵” による料理とスイーツを食べるなら、ここ「キッチン うふ」がおすすめ。
しかし「教えたくない」自分だけの店にしておきたい。そんな気持ちにもなってしまう魅力のある店でもあります。

キッチン うふ(Kitchen Oeufs)
“卵”にこだわるカフェキッチン

その他の写真

店データ

店名
キッチン うふ(Kitchen Oeufs) Webサイト
住所
札幌市中央区南3条西8丁目7 大洋ビル2F
電話番号
070-1120-0012
営業時間
11:00〜18:00(当面の間〜16:00)
定休日
火曜・水曜日(祝日は営業)
アクセス
地下鉄南北線すすきの駅 徒歩8分
予算
1〜2,000円

おすすめメニュー

  • メイン+ドリンク:1,600円(税込)〜
  • メイン+スイーツ+ドリンク:2,000円〜
  • スイーツ+ドリンク:1,300円〜
  • (各セット内容は本文をご参照ください)

詳しくはこちら