札幌グルメのラーメンとカレーを一緒に味わえるおすすめ店はここ!

札幌グルメのラーメンとカレーを一緒に味わえるおすすめ店はここ!

札幌を代表するご当地グルメといえば「ラーメン」。
味噌ラーメンを中心として数多くの店がありますが、タウンページでは400軒、大手グルメサイトの分類では800軒以上が登録されているまさに札幌グルメです。

そしてこれに並ぶのが「カレー」。
札幌では「スープカレー」が有名ですが、大手グルメサイトでは230軒ほど。その他のカレー(欧風・インドなど)を加えると600軒以上が登録されています。

ちなみに3大グルメとして両者と並び称される「ジンギスカン」店は270軒くらいなので、いかにラーメンとカレーの店が多いかがわかるでしょう。
ここではそんな札幌でご当地グルメのラーメンとカレーを一緒に楽しめる店をご紹介します。

まずはカレー味のスープで食べる「カレーラーメン」。
これには蕎麦のカレー南蛮やカレーうどんなどのような“スープにカレーが溶け込んだ”もの、“カレールーをラーメンの上にトッピング”したもの、そして札幌らしく“スープカレーのラーメン版”などがあります。

そして、サイドメニューとして半カレーやミニカレーを「セット」で提供する店、さらには「カレーラーメン」と「セット」の両方が食べられる店まであります。

今回は、
・カレーラーメンの店
・カレーセットが食べられる店
・その両方が楽しめる店

この3つの分類でそれぞれのおすすめ店をご紹介していきましょう。

カレーラーメンのおすすめ店

円山 嬉

円山地区で人気のラーメン店「円山 嬉(うれし)」では定番の「醤油(魚醤)」「味噌」「しお」3味に加えて、“カレー味”のラーメンを食べることができます。

「嬉」のラーメンは“無化調”(写真は「みそカレー」)

「嬉」のラーメンは“無化調”(写真は「みそカレー」)

そのメニューは「みそカレー」「とろみカレー」「しおカレー」(各1,000円税込)の3種類。
この店の特徴は「無化調」。そう、化学調味料は無添加なのです。
油もほとんど使わず、オーダーごとにスープを調合するというこだわり。天然素材で取った和風の出汁がしっかり味わいを深めており、カレー味の各ラーメンは老舗蕎麦店のカレー南蛮をも想わせます。

「カレー」には太麺

「カレー」には太麺

麺は細・中・太と3種類を用意しスープによって選べますが、こってり系のカレースープには「太麺」が好相性です。
取材系は一切お断りという店ですが、テレビや雑誌で話題になることも度々。
そんな注目店で食べる「カレー」味のラーメン。一度お試しの価値ありです。

・店名:円山 嬉
・住所:札幌市中央区大通西23丁目1-16
・電話番号:011-215-4478
・営業時間:11:00〜24:00(変更あり)
・定休日:水曜日・第3火曜日(祝日の場合営業)
・アクセス:地下鉄円山公園駅 徒歩3分

<サツメシ詳細記事>

らーめん 寅の虎

円山の南地区、住宅地の中にひっそりと店を構える「らーめん 寅の虎(とらのこ)」。
この店では、“スープカレーをベースにしたラーメン”が人気です。

「とらのこらーめん」(写真はこってりの「一の寅」)

「とらのこらーめん」(写真はこってりの「一の寅」)

「とらのこらーめん」と称するこの店のカレーラーメンは、「一ノ寅(こってり)」と「二ノ寅(あっさり)」(各850円、以下全て税込)の2種類(辛さも選べます)。
そのスープはまさに「スープカレー」。
まずはスープカレーを麺で味わいます。
そして麺が食べ終わったら、「ライス」の投入です。
「ライス」はランチタイムにはサービス(ディナー時は100円)なので、必ずもらいましょう。

最後は「スープカレー」

最後は「スープカレー」

その後は、それまでラーメンを食べていたことをすっかり忘れてしまうほど、スープカレーに没頭してしまうはずです。
札幌グルメの代表ともいえる「ラーメン」と「スープカレー」。その“良いとこ取り”をした「寅の虎」のラーメン。
まさに“札幌ならでは”の一品といえるでしょう。

・店名:らーめん 寅の虎
・住所:札幌市中央区南5条西24丁目1-17 藤栄ビル 1F
・電話番号:011-513-3050
・営業時間:11:00〜15:00、17:00〜20:00
・定休日:水曜日
・アクセス:地下鉄東西線円山公園駅 徒歩10分

<サツメシ詳細記事>

スープカレー しゃば蔵

「スープカレー しゃば蔵(しゃばぞう)」は店名どおりスープカレーの店ですが、ここでご紹介する理由は本格的な「スープカレーのラーメン」が食べられるからです。
ラーメン店の“スープカレー風ラーメン”ではなく、スープカレー専門店が“ライスの代わりに「麺」で仕上げたラーメン”ともいえるでしょう。
そのスープカレーも「羊骨」で取ったスープが特徴で、その深い味わいは羊ならでは。まさに北海道らしいスープカレーですが、道内でも食べられるのはここだけです。

おすすめの「生ラムタタキ Spiceラーメン 羊骨スープ」

おすすめの「生ラムタタキ Spiceラーメン 羊骨スープ」

おすすめは「生ラムタタキ Spiceラーメン 羊骨スープ」(1,000円、以下全て税込)。
羊骨スープのラーメンにタレに漬け込んだ「生ラムのタタキ」がたくさん(10切れ近く!)乗っており、羊骨ダシのコクと生ラムらしい食感・旨みが楽しめます。
(羊が苦手の方は「牛骨」や「煮干し」のスープなども用意されています)

スープによく絡む名店の自家製麺

スープによく絡む名店の自家製麺

麺にはミシュランBGに輝く札幌を代表する名店「麺屋 菜々兵衛」の自家製麺を使い、スープとの絡み具合はベストマッチ!といえるもの。
店は、札幌と大通を結ぶ地下歩行空間直結のビル(札幌ノースプラザ)にあり、雨や雪の日でもアクセスしやすいこともポイントです。

・店名:スープカレー しゃば蔵
・住所:札幌市中央区北1条西4-2-2 札幌ノースプラザビル 1F
・電話番号:011-221-0709
・営業時間:11:30〜15:00、17:00〜22:00
・定休日:日・祝日
・アクセス:地下鉄大通駅・さっぽろ駅直結

カレーセットのおすすめ店

だるま軒

札幌で現存する最古とされるラーメン店が「だるま軒」。
その歩みはまさに札幌ラーメンの歴史でもあります。場所は札幌の観光名所ともいえる二条市場。

歴史を感じる「醤油ラーメン」

歴史を感じる「醤油ラーメン」

札幌のラーメンは今でこそ「味噌」味が有名ですが、元々は「醤油」味から始まったもの。その味を「だるま軒」が守り続けています。
そんな伝統のラーメンと一緒に味わいたいのが「カレーライス」。
単品(700円)でも人気のメニューですが、おすすめは「定番セット」(950円)。
「醤油ラーメン」と「ミニカレーライス」のセットです。

醤油ラーメン限定の「定番セット」

醤油ラーメン限定の「定番セット」

面白いのは「逆セット」(950円)という「ミニ醤油ラーメン」と「カレーライス」のセットもあること。
確かに「今日はカレーが食べたい」なんて(逆の)気分というときもあるでしょう。
この店には醤油以外にも「塩」「みそ」のラーメンがありますが、これらはセットにできません。
そんなこだわりこそが、伝統を守り「定番セット」と命名している理由なのでしょう。

・店名:だるま軒
・住所:札幌市中央区南3条東1丁目 新二条市場内
・電話番号:011-251-8224
・営業時間:11:00〜17:00(売切れ終了)
・定休日:木曜日
・アクセス:地下鉄大通駅 徒歩8分

<サツメシ詳細記事>

永坊

円山裏参道近くにある「永坊(えいぼう)」。
ショップカードには正式店名でしょうか、「ハラガヘッタラ 永坊」とあります。

旭川フレーバーの「正油ラーメン」

旭川フレーバーの「正油ラーメン」

メニューはシンプルに「ラーメン(塩・正油)」(650円、以下全て税込)と「チャーシューメン(塩・正油)」(800円)。
札幌では珍しく「味噌」はありませんが、「正油ラーメン」を食べてみればその“旭川ラーメン”のフレーバーに、こだわりの一端を感じるかのようです。
サイドメニューには「ギョーザ」だけ(ライス等は除く)。
しかしこの店の売りは「セット」にあります。
「ラーメンセット」はラーメンに「チャーハン or カレー」の組み合わせで900円。

懐かしい「銀皿のカレー」

懐かしい「銀皿のカレー」

セットのカレーはその銀皿という見た目も相まって、昭和の食堂を感じさせる懐かしい味。
この控えめな味作りは、ラーメンとの組み合わせでこそ活きるもの。値段もプラス250円ならお得感も十分です。
店の謳い文句通り、“腹が減ったら永坊”に「ラーメンセット」を食べに行きましょう!

・店名:永坊
・住所:札幌市中央区南2条西24丁目2-1 裏参道24 1F
・電話番号:011-611-2002
・営業時間:11:30〜21:00(売切れ終了)
・定休日:木曜日
・アクセス:地下鉄東西線円山公園駅 徒歩5分

<サツメシ詳細記事>

北乃ラーメン

「味噌ラーメン」が人気の札幌にあって、きれいに澄んだスープの「塩ラーメン」で人気の店が「北乃ラーメン」です。
地下鉄東西線の西18丁目駅から15分ほど歩く、決してアクセスの良い場所ではありませんが、その創業30年以上という歴史はまさにこの店の味を証明しているに他なりません。

澄んだスープの「塩ラーメン」

澄んだスープの「塩ラーメン」

店の入口にも「おススメします!澄んだスープの塩ラーメン」とあり、「塩ラーメン」(700円、以下全て税込)が押しの店だとわかります。
塩ラーメンと食べたい一品が「カレーライス」。
単品(700円)もありますが、ミニカレーと組み合わせた「ラーメン・ミニカレー」(1,000円)をおすすめします。

ルーがなみなみ「ミニカレー」

ルーがなみなみ「ミニカレー」

ミニカレーは小さめの容器に入ったご飯にルーがなみなみとかけられており、見た目も映える一品です。
懐かしさを感じさせるオーソドックスなカレーですが程々にスパイス感もあり、塩ラーメンを“スープとして”味わいながら楽しめます。

・店名:北乃ラーメン
・住所:札幌市中央区北7条西18丁目4-21
・電話番号:011-622-7572
・営業時間:11:00〜20:00
・定休日:日・祝日
・アクセス:地下鉄東西線西18丁目 徒歩15分、JR桑園駅 徒歩8分

<サツメシ詳細記事>

カレーラーメンとセットの両方を楽しめる店

らーめん優月

札幌のラーメン店で特に「カレー」にこだわり、実際カレーだけを食べに来るお客さんも多いという店が「らーめん優月(ゆづき)」です。
ラーメン店としてはしっかり札幌の3定番「醤油・味噌・塩」(750円〜、以下全て税込)をラインアップ。
しかしメニューのトップには、この店の名物ともいえる「eth-curry RA-MEN(エス・カレー・ラーメン)」(850円)が君臨します。

「eth-curry RA-MEN(エス・カレー・ラーメン)」

「eth-curry RA-MEN(エス・カレー・ラーメン)」

その名のとおり“エスニックなアジアンスパイシー・ラーメン”を指向し、40種類以上の原材料を使用したスパイシーながらコクもあるカレーラーメンです。
スープを味わうと札幌らしい「スープカレー」のような風味ですが、独特の“とろみ”もあり、トッピングや麺が(あえてエスニックに走らず)普通のラーメン風なところがむしろ“オリジナリティ”を感じさせます。

カレーも人気です(写真は「ミニカレー」)

カレーも人気です(写真は「ミニカレー」)

「カレーライス」(普通盛690円〜)「カツカレー」(850円)「厚切りカツカレー」(1,000円)が人気のカレールーは、らーめん専門店ならでは“塩ラーメンに使うトリプルスープ(動物系・魚介系・野菜果実系)と専用ダレにミックススパイスを効かせた”オリジナルで、出来上がりまでに丸一日を要するもの。
見た目や食感は欧風カレーのようですが、程よいスパイス感にラーメンスープなどの隠し味が深い味わいをもたらします。
「ミニカレー」(360円)もあるので、ラーメンとセット(ランチタイムには割引あり)で両方の味を楽しめます。
「らーめん優月」の店内は女性スタッフのみで、店名通り“優しい”雰囲気に満ちあふれるラーメン&カレー好きには外せない一軒です。

・店名:らーめん優月
・住所:札幌市東区北12条東13丁目2-15
・電話番号:011-741-9000
・営業時間:11:00〜15:00、17:00〜20:00、土日祝日11:00〜20:00
・定休日:水曜日
・アクセス:地下鉄東豊線東市役所前 徒歩10分、環状通東駅 徒歩4分

らーめん 向日葵

洋食出身の店主で、その技によるラーメンが人気の店。
豚骨・魚介のダブルスープに醤油ダレは3種類をブレンドし、チャーシューの煮汁と赤ワインで仕上げたもの。味噌は白味噌・赤味噌・合わせ辛味噌を用意し、塩はフランス産の自然塩を使うというこだわりです。

人気の「しょうゆ」らーめん

人気の「しょうゆ」らーめん

メニューは「しょうゆ」「しお」(各650円、以下全て税込)、味噌は「白味噌」「赤味噌」(各700円)「特製合わせ辛味噌」(750円、超辛は780円)。
さらに「チャーシューめん」(各味+250円)に加えて、「醤油カレー」(700円)「味噌カレー」(750円)もラインアップ。
洋食職人ならではのカレーをラーメンに“トッピング”したスタイルです。
そんなこだわりのラーメンとカレーを味わうなら、「らーめんセット」(各ラーメン+300円)がおすすめ。

ボリューム十分の「ミニカレー」

ボリューム十分の「ミニカレー」

挽肉を使った甘味と旨味、そして辛味のバランスが取れた食べやすい「ミニカレー」とのセットです。
このカレー、食べてみると「しょうゆ」や「味噌」のスープととても相性が良いことがわかり、メニューに「醤油カレー」や「味噌カレー」が載る理由が納得できます。

・店名:らーめん 向日葵
・住所:札幌市中央区南9条西16丁目2-21
・電話番号:011-552-9887
・営業時間:11:00〜21:00
・定休日:水曜日
・アクセス:札幌市電西線9条旭山公園通停留所 徒歩4分

<サツメシ詳細記事>

てんばや

地下鉄東西線の西28丁目駅と二十四軒駅の中間くらい、北5条手稲通りの「パーラー太陽 宮の森店」の敷地内にあるラーメン店が「てんばや」。
この店の特徴はラーメンが定番系の「らーめん」(みそ・正油・しお、玉子とじもあり)、「辛系らーめん」、そして「カリー系らーめん」と3系統そろえていること。

あっさり正油ベースの「カリーらーめん」

あっさり正油ベースの「カリーらーめん」

特にカリー系はメニューの種類も最も多く(7種類)、その他「カリーアラカルト」として丼やオムレツ、ドライカレーなども用意するほどで、人気のラインアップになっています。

「カリーらーめん」(750円税込)は、あっさりの正油がベースで、ラーメンにカレールーがトッピングされるスタイル。これを混ぜながらいただきます。

カレーをスープに混ぜながらいただきます

カレーをスープに混ぜながらいただきます

カリー系は「しお」(750円)や「みそ」(850円)はもちろん、「玉子とじ」(800円、それぞれカレーでも同価)の各味、辛ホルモン入りの「モンカリーらーめん」(900円)などもあります。
ランチタイム(〜15:00)にはカリーらーめん or しおカリーにミニ角煮めしとミニサラダが付いた「Aセット」、正油らーめん or しおらーめんに「ミニカリー」とミニサラダという「Bセット」(各850円)があるので、ラーメンとカレーの両方を楽しむこともできます。

・店名:てんばや
・住所:札幌市中央区宮の森1-1-1 パーラー太陽宮の森店 1F
・電話番号:011-631-8004
・営業時間:11:00〜20:00
・定休日:不定休
・アクセス:地下鉄東西線二十四軒駅 徒歩7分

札幌グルメのラーメンとカレーを楽しもう!

札幌の代表的なグルメである「ラーメン」と「カレー」の両方を味わえるおすすめ店を厳選、ご紹介しました。
ラーメン店には、店ごとにその出汁やタレ・具材などを応用したカレーメニューがあり、スープカレー専門店にも独自の工夫を凝らしたラーメンがありました。
札幌でラーメンもカレーも楽しむならば、今回ご紹介した店からまず一軒選んでみましょう。
そして実際に訪れてその味を確かめてみる。きっと、すぐに次の店を探すことになるはずです。

なお、サツメシですでに紹介している店はリンクも付けているので、ぜひ詳細の記事を参考にしてください。